2014/09/30(火)Uni-Q『イメージできるGit』読みました

2014/09/30 18:19

今日はBPStudyに参加するため、ちょっと早めですが更新します。別に野球の話題に触れたくないわけではありません。ありませんってば!

昨日、Uni-Qさんの同人誌、イメージできるGitを買いました。自分では一応作業上困らない程度にはGitを使えているつもりなのですが、これからデザイナーさんとの協業が増えてくるはずなので、サブタイトルの「たぶんデザイナー向け」というところに惹かれました。先ほど「一応」と書いたように、人に説明できるほど完璧に理解しているわけではないので。

インストール、基本的な操作の説明から始まり、最後には割り込み作業が入ったときの対応など、実際に起こりそうなことも話題にされており、また、図を多用して非常にわかりやすく説明されています。最初はこれをベースに私が説明しようかと思ったのですが、これはそのまま渡して読んでもらえばいいのかなーという気になってきました。うちは支給マシンがWindowsなので、環境構築だけ手伝ってあげればいいのかな。

デザイナーの方、また、私と同じようにデザイナーと一緒に仕事をするエンジニアの方にもお勧めしたい本です。表紙やイラストがいわゆる萌え絵なので、少し人を選ぶかもしれませんけど。

あと、「しきゅうましん」を「四球マシン」と変換したATOKさんは岡本篤が好きすぎると思いました。

2014/09/29(月)初回だけ

2014/09/29 22:11
北海道日本ハム vs 埼玉西武 第22回戦】
(2014年9月29日:札幌ドーム)

埼玉西武     1 0 0  0 0 0  0 0 0  1
北海道日本ハム  1 1 0  0 0 0  2 0 x  4

[勝] 斎藤 2勝1敗0S
[S] 増井 5勝6敗22S
[敗] 野上 8勝10敗0S

[本塁打]
  1回表 浅村 14号 ソロ (斎藤)
  1回裏 陽  24号 ソロ (野上)

初回に浅村のホームランで幸先よく1点を先制したライオンズですが、そのあとがまったく続きませんでした。ファイターズ先発の斎藤もそこまで抜群の出来という感じではなかったのですが、いい当たりが正面を突いてチャンスを逃している間に継投策に入られてしまいました。一方のリリーフ陣は隙がなく、こりゃ打てんわという印象。7回の2点が絶望的な点数に見えるくらいの見事な内容でした。

ライオンズ先発の野上は、調子が悪いなりに踏ん張ってくれたとは思いますが、先述の2点が致命傷になってしまいました。というか、むしろ11安打3四球でよく自責点3で済んだものだと思います。無理矢理明るい材料を探すとすると、133球も投げられたということですかね。今日は70球や100球で一気に崩れることはありませんでした。まぁ、もともと悪かった、とも言えるんですがw

2014/09/28(日)相変わらず初物に弱い

2014/09/28 22:38
埼玉西武 vs 東北楽天 第23回戦】
(2014年9月28日:西武ドーム東北楽天  1 3 0  0 0 2  0 0 0  6
埼玉西武  0 0 0  0 0 2  3 0 0  5

[勝] 浜矢       1勝0敗0S
[S] ファルケンボーグ 3勝5敗20S
[敗] 誠        0勝2敗0S

[本塁打]
  1回表 松井稼  8号 ソロ (誠)

プロ初先発のルーキー浜矢にプロの厳しさを教えられました。またこんな展開かよ。何度も何度もチャンスを作りながらゲッツーでそれを潰している間に5回0/3を2失点で逃げ切られました。

ライオンズ先発の誠は松井にいきなり初回先頭打者ホームランを浴びると、2回にはフォアボール連発で自滅。結局、1回2/3を4失点で降板しました。この内容では一軍でやっていくのは厳しいでしょう。まずはひたすら制球力を磨いて、また一軍の舞台に帰ってきてほしいと思います。

ライオンズ打線は6回に秋山のタイムリーツーベースと栗山の押し出しフォアボールで2点を返し、7回には岡田のプロ初打点となるタイムリーツーベースと秋山の2点タイムリーで1点差まで詰め寄りましたが、反撃もここまででした。

2014/09/27(土)中村、トップタイの33号

2014/09/27 23:52
東北楽天 vs 埼玉西武 第22回戦】
(2014年9月27日:楽天Koboスタジアム宮城埼玉西武  3 0 0  0 0 1  0 0 0  4
東北楽天  1 0 0  0 2 0  0 0 0  3

[勝] 増田 3勝3敗0S
[S] 高橋 2勝1敗27S
[敗] 横山 1勝2敗0S

[本塁打]
  1回表 脇谷  2号 ソロ  (横山)
  1回表 中村 33号 2ラン (横山)

ライオンズは初回、脇谷のホームランと中村の2ランで3点を先制。しかし、珍しく早い回から援護をもらった岡本洋はびっくりしてしまったのか、あまり制球が定まらず、嶋のタイムリー内野安打で1点を返されます。結局、岡本洋は4回途中で降板。早いイニングではありましたが、今日の出来では仕方がないところでしょう。

2番手の武隈は4回のピンチはしのぎましたが、回を跨いだ5回にピンチを招いて降板すると、3番手岩尾が岩崎にセンター前に同点タイムリーを浴びてしまいました。

ライオンズは直後の6回に中村のタイムリーツーベースで再びリードを奪います。その裏、岡本篤が三振→三振→四球→四球→四球→三振という芸術的な自作自演を繰り広げると、7、8回は増田が三者凡退で抑えて、9回は高橋がマウンドに登ります。

高橋は先頭のジョーンズをフォアボールで歩かせますが、代走の森山が嶋の打席のときに盗塁を仕掛け、このときにキャッチャー炭谷が三振をした嶋とぶつかってしまい、守備妨害を取って三振ゲッツーとなりました。続く枡田も三振に切って取りゲームセット。1点差で逃げ切りました。

最下位に沈んでいるライオンズはともかく、イーグルスはCS出場をかけて1試合1試合が大事なわけで、この守備妨害でかなりあったまっているイーグルスファンが多いようなのですが、炭谷が自分からぶつかってきた、という奴はもう一回リプレイを見直せ。空振りでもないのに、踏み出した左足ではなく軸足の右足が前に出ているから。とはいえ、これは故意と言うより、嶋はフォアボールだと思い込んで一塁に歩き出そうとしたのかなーと思います。

2014/09/26(金)楽勝ムード一転

2014/09/26 22:42
オリックス vs 埼玉西武 第24回戦】
(2014年9月26日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 1 2  0 3 2  0 1 0  9
オリックス  3 0 0  0 0 0  0 1 2  6

[勝] 牧田 8勝9敗0S
[敗] 比嘉 7勝1敗0S

[本塁打]
  3回表 中村 32号 2ラン (東明)
  5回表 森   6号 2ラン (マエストリ)
  8回裏 川端  2号 ソロ  (宮田)

初回に牧田がいきなりつかまり、糸井のタイムリーツーベース、ヘルマンの2点タイムリーツーベースで3点を失います。ただ、ヘルマンの当たりはエンタイトルにならなければ満塁走者一掃でもう1点入っていたところだったので、今振り替えるとかなりツキはあったと思います。

ライオンズは2回、脇谷のタイムリーで1点を返すと、3回には中村の2ランホームランで同点に追いつきます。さらに5回には浅村、中村の連続ツーベースで1点を勝ち越し、比嘉の連続試合無失点記録をストップさせると、3番手マエストリから森がライトスタンドに叩き込んでこの回計3点。6回に秋山の2点タイムリーツーベースで駄目を押し……たと思ったんですが。

8回に1点ずつを取り合い、9回は5点差あったものの高橋を投入。しかし、疲れがあったのでしょうがあまり空振りが取れず、ペーニャのタイムリー、川端のタイムリーで2点を失います。なおもランナーを2人置いて一発出れば同点というピンチが続きましたが、最後はヘルマンをセカンドゴロゲッツーに打ち取りゲームセット。楽勝だったはずなのにヒヤヒヤさせられ、マジックがついているチームと最下位のチームの力の差を実感したゲームでした。

2014/09/25(木)2位オリックスにマジック点灯

2014/09/25 23:42
オリックス vs 埼玉西武 第23回戦】
(2014年9月25日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   1 0 0  0 0 0  0 0 0  1
オリックス  1 0 0  0 0 0  0 1 x  2

[勝] 佐藤達    6勝4敗1S
[S] 平野佳    1勝5敗38S
[敗] ウィリアムス 5勝4敗0S

初回にライオンズが浅村のタイムリーで先制しますが、その裏、ペーニャのタイムリーでバファローズがすぐさま同点に追いつきます。

今日は両チームともベンチワークが早く、ライオンズ先発の豊田、バファローズ先発の松葉とも3回途中で降板。豊田に関してはある程度早い継投策になるだろうと思っていましたが、バファローズも思い切って代えてきましたね。

とはいえ、バファローズとのブルペン勝負になってしまうと、ちょっと分が悪いです。2番手武隈、3番手岩尾は踏ん張ったものの、8回裏、4番手ウィリアムスが3連打を浴びて勝ち越しを許し、これが決勝点になりました。

さて、今日は福岡でホークスが敗れたため、2位のバファローズにマジック7が点灯しました。バファローズの残り試合が8、ホークスの残り試合が3なので、7というのはそれなりに勝たないといけない数字ではあるのですが、これでチームのムードも高まるのではないでしょうか。

2014/09/24(水)最下位転落

2014/09/24 22:06
オリックス vs 埼玉西武 第22回戦】
(2014年9月24日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
オリックス  0 0 0  0 0 0  1 0 x  1

[勝] 金子  15勝5敗0S
[S] 平野佳 1勝5敗37S
[敗] 菊池  5勝10敗0S

ライオンズは2回、メヒア、森の連続フォアボールでノーアウト一二塁のチャンスを作ります。秋山が三振、鬼崎がショートフライで2アウトとなりますが、続く金子侑がライト前にはじき返して満塁……かと思いきや、メヒアが誰が見ても無茶なタイミングで三塁を回ってホームタッチアウト。先制のチャンスを逃しました。

VTRを見た感じでは、河田コーチは止めているようではありますが、一塁ランナーも二塁を回っていたので、ストップの指示が遅かったんじゃないかなーと思います。まぁ、肝心なところが見えていないので全部想像ですけど、こういうときは日頃の行いがモノを言いますよね。だって河田だし。

ライオンズ先発の菊池はちぐはぐな攻撃にもめげず、安定したピッチングを続けていましたが、7回裏、伊藤のセンター前タイムリーでついに1点を失ってしまいます。そして、これが決勝点になりました。今日のピッチングなら勝たせてあげたかったんですけどねぇ……。

2014/09/23(火)岸、完封で13勝目

2014/09/23 21:32
オリックス vs 埼玉西武 第21回戦】
(2014年9月23日:京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 1  0 0 1  0 0 0  2
オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 岸 13勝4敗0S
[敗] 西 12勝10敗0S

[本塁打]
  3回表 栗山  3号 ソロ (西)

ライオンズ先発の岸、バファローズ先発の西、どちらも素晴らしいピッチングでした。少ないチャンスをモノにできたか否かだけの差でしょう。

ライオンズは3回、栗山のホームランで1点を先制します。対するバファローズは4回、安達のフォアボールと糸井のライト前ヒットで1アウト一三塁と絶好のチャンスを迎えました。しかし、ここでペーニャが三振、T-岡田がサードフライと、岸が踏ん張りました。あとで振り返ってみると、ここが唯一のピンチらしいピンチだったかもしれません。

6回表、中村のフォアボールと秋山のヒットで1アウト一二塁となったところで西が降板。2番手の岸田がマウンドに登りました。続く鬼崎はそこまで西相手に2三振だったものの、思い切った交代です。しかし、その鬼崎がライト前ヒットで繋ぐと、続く炭谷のセンターへの犠牲フライでライオンズが追加点を挙げます。継投策が裏目に出ました。これで岸はずいぶん楽になったでしょう。

結局、岸は9回まで投げきって5安打完封勝利。ハーラーダービートップに1勝差と迫る13勝目をマークしました。また、現在勝率トップの岸ですが、この13勝目で最高勝率の条件を満たしたことにもなります。そういった意味では非常に大きな1勝になりました。

2014/09/22(月)邪神

2014/09/22 23:49

今日からQMAの第2回目の邪神イベントが始まりました。今回は前回とバランスを大きく変えてきたようで、邪神様の攻撃力が大きく上がっています。幸い、私は同行者に恵まれたこともあって7戦4勝。TLで上がっている悲鳴の数を考えれば上出来とも言える結果を残せました。

個人的感想ですが、前回はキュアが一番立ち回りが面白かったのですが、今回はアシストが面白そうです。今回はAP削りに意味が出てきそうですし、攻撃力も上がっているので、AP上昇をMAXにして呪縛をかけたらあとはHP吸収一択、ということにはならなそうなので。

今回の変更は、より面白い邪神戦にしよう、という意図は感じられます。ただ、頑張ってはいるのでしょうが、バランスが取れたかというと微妙な気がします。特に、難易度を難しい側に振ってしまったのはどうなんでしょうね。このゲームは廃人だけがやるものではないと思うのですが……。

2014/09/21(日)負け越し決定

2014/09/21 19:55
埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第24回戦】
(2014年9月21日:西武ドーム福岡ソフトバンク  1 0 0  1 0 0  1 0 0  3
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  1 0 0  1

[勝] スタンリッジ 11勝7敗0S
[S] サファテ   6勝1敗37S
[敗] 野上     8勝9敗0S

[本塁打]
  4回表 吉村   5号 ソロ (野上)
  7回裏 メヒア 33号 ソロ (スタンリッジ

1回表、李大浩のタイムリーでホークスが1点を先制。2回、3回は三者凡退に抑えた野上ですが、4回表、先頭の李大浩のレフト前ヒットでノーアウトのランナーを許します。ここで、続く柳田の一二塁間の打球を浅村が好捕して4-6-3のダブルプレイ。上手い守備でした。

……が。

野上は続く吉村にバックスクリーンに運ばれて2点目を失いました。これはいただけない。このホームランがなかったとしても1点差で負けているのですが、それでもいただけないものはいただけない。猛省を促したいところです。

結局、打線はメヒアの一発による1点のみに抑えられ、同一カード3連勝はなりませんでした。また、残り11試合で借金13ということで、今シーズンの負け越しも確定です。

OK キャンセル 確認 その他