2015/03/31(火)逆転で開幕4連勝

2015/03/31 21:51
東北楽天 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2015年3月31日:楽天Koboスタジアム宮城埼玉西武  0 1 0  0 0 0  2 0 0  3
東北楽天  0 2 0  0 0 0  0 0 0  2

[勝] 武隈  1勝0敗0S
[S] 高橋朋 0勝0敗4S
[敗] 青山  0勝1敗0S

2回に森のタイムリーでライオンズが1点を先制しますが、その裏、岡島の2点タイムリーツーベースでイーグルスが逆転します。

ライオンズ先発の岡本洋は3回以降立ち直りましたが、6回に1アウト二塁とされ、左バッターが続くところで武隈にマウンドを譲りました。武隈は銀次をセンターフライに打ち取りますが、続く藤田にレフト前に運ばれます。二塁ランナーペーニャの脚とレフト栗山の肩という残念な対決になりましたが、今回は栗山の肩に軍配が上がりました。というか突っ込んでくれて助かったというくらいの暴走だと思います。

4回以降は塩見の前にノーヒットに抑えられていたライオンズ打線ですが、7回に2番手の青山が登板してから風向きが変わりました。簡単に2アウトを取られたものの、金子侑のヒット、秋山のフォアボールで一二塁となったところで3番手の西宮が登場。栗山もフォアボールを選んで満塁とすると、イーグルスベンチは福山にスイッチしました。続く浅村はフルカウントから、アウトコースの球をライト前に運んで2点タイムリー。全球外側だったので、1球でも内に来ていれば結果は変わった気もします。ともあれ、これでライオンズが逆転に成功です。

逆転したあとは8回増田、9回高橋朋のいつものリレー。4連投になった二人ですが、今日は二人とも完璧な内容で三者凡退を二つ重ねて逃げ切り。開幕4連勝となりました。高橋朋の開幕からの連続試合セーブ記録も4に伸びましたが、さすがにそろそろ休ませてあげたいところです。

2015/03/30(月)史上初

2015/03/30 22:08

今日は野球がなかったのでQMAってきました。10クレやって一度も決勝に行けませんでした。まぁ、通過ボーダーと今の私の実力を考えればこんなものでしょう。予選、準決勝のジャンルがアニゲ、スポーツ、ライスタ、理系にでもなってくれない限り決勝に行けそうもありませんw

けっこう懐かしい方とも当たってテンションが上がったのですが、冷静に考えてみたらむしろ私のほうが懐かしい人でした。

西武3連勝 高橋朋、史上初開幕から3試合連続S - 野球 : 日刊スポーツ

史上初だったんですね。初めて知りました。

そんなに珍しいことかなと思ったのですが、よく考えてみたら3連勝、3試合とも僅差、完投ではない、という条件がある上に、セーブが導入されてから40年ほど、ということを考えれば確かに難易度の高い記録かもしれません。

2015/03/29(日)開幕3連勝!

2015/03/29 18:44
埼玉西武 vs オリックス 第3回戦】
(2015年3月29日:西武プリンスドーム)

オリックス  0 3 0  0 0 0  0 0 1  4
埼玉西武   0 1 2  0 1 0  1 0 x  5

[勝] 郭   1勝0敗0S
[S] 高橋朋 0勝0敗3S
[敗] 白仁田 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 小谷野  1号 2ラン (郭)
  9回表 糸井   1号 ソロ  (高橋朋)

ライオンズの先発は来日初登板となる郭。初回は三者凡退に抑えますが、2回にT-岡田の犠牲フライ、小谷野のホームランで3点を先制されます。この回はストレートがことごとくシュート回転して内側に入ってきていました。精神的にもろさがあるタイプなのでしょうか。それとも、セットポジションになると抑えが効かなくなるタイプなのでしょうか。そのあたりが少し心配です。

郭は3回以降もたびたびピンチを招きましたが、そこはしのいで5回3失点で降板。「外国人選手」という視点では物足りない気もしますが、「大卒のドラフト上位」と考えると、ゲームを作ってくれたという意味では上々のデビュー戦でしょう。まだまだ学ぶことも多いと思いますが、一つ一つ課題をクリアしていってもらいたいと思います。

早々に先制されたライオンズですが、打線が小刻みに得点を重ねます。2回には満塁から秋山のタイムリーで1点を返し、3回にはメヒア、木村のタイムリーで2点を挙げて同点に追いつきます。5回には炭谷のライト線を破るタイムリーで逆転に成功。このバッティングはお見事でした。必ずしも右打ちばかりが素晴らしいというものでもありませんが、炭谷の場合は右を意識しすぎるくらいのほうがいいのかもしれません。

7回には2アウトランナーなしから、9番の金子侑がセーフティバントで出塁すると、すぐさま盗塁で二塁に進み、秋山のタイムリーツーベースでホームに還ってきました。この攻撃は実に鮮やかでした。

5回に逆転したライオンズは、6回から岡本篤→バスケス→増田→高橋朋と繋いで逃げ切り。高橋朋は糸井に一発を浴びましたが、開幕から3連投ですし、仕方がない面もあるでしょう。ともあれ、これで開幕3連勝。去年は開幕カード3連敗からスタートしましたが、今年は正反対の最高のスタートとなりました。

2015/03/28(土)2試合連続完封勝利

2015/03/28 19:58
埼玉西武 vs オリックス 第2回戦】
(2015年3月28日:西武プリンスドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   1 0 0  1 0 0  0 0 x  2

[勝] 野上    1勝0敗0S
[S] 高橋朋   0勝0敗2S
[敗] バリントン 0勝1敗0S

単独首位だー!

……気が早いですね。失礼しました。

野上は初回、平野恵にヒットを許しますが、安達の送りバントを好フィールディングで二塁封殺し、一塁に残った安達が盗塁失敗で2アウトでランナーがなくなります。しかし、ここから糸井を歩かせ、中島のヒットでまたピンチを作ります。続くブランコを打ち取り事なきを得ましたが、これは何回まで持つのだろうかという不安な立ち上がりでした。

しかし、ここから野上は立ち直ります。このあとは6回の糸井のヒット一本に抑え、トータル7回を投げて3安打無失点。オープン戦の好調をそのままシーズンに持ち込んだピッチングができていました。初回は固くなっていたんですかねw

打線は初回、秋山のヒットのあと、栗山のヒットで秋山が三進し、バッターランナーの栗山も二塁を狙いますがタッチアウト。アウトにはなりましたが、両者無得点の初回ですし、狙いは悪くなかったと思います。このあと、浅村がレフトへあわやホームランかという犠牲フライを放ち、ライオンズが1点を先制します。4回には森が詰まり気味ではありましたがセンター前へのタイムリーを放って追加点。ただ、このあとはチャンスがありながら追加点は奪えませんでした。

昨日同様、打線の援護はあまりありませんでしたが、8回増田、9回高橋朋という勝ちパターンに持ち込んで連勝。ライオンズが開幕戦から2試合連続で完封勝利を挙げるのは48年ぶりだそうです。

2015/03/27(金)開幕!

2015/03/27 21:46
埼玉西武 vs オリックス 第1回戦】
(2015年3月27日:西武プリンスドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   0 0 0  0 0 1  0 0 x  1

[勝] 牧田    1勝0敗0S
[S] 高橋朋   0勝0敗1S
[敗] ディクソン 0勝1敗0S

2015年のペナントレースが開幕しました。今シーズンもよろしくお願いいたします。

さてその開幕戦、ライオンズの先発は牧田、バファローズの先発はディクソンと、両チームともエースが投げられない状況でしたが、試合は息詰まる投手戦になりました。開幕前はガッカリだとか言っててすみませんw

牧田は初回、先頭の平野恵にヒットを許し(メヒアのエラーくさかったですが……)、送りバントで得点圏にランナーを進められますが、糸井、中島を打ち取ってピンチをしのぎます。3回には1アウト一塁から、平野恵のセカンドゴロで、4-6と渡ったところでショート鬼崎がボールを取ることができず、ゲッツーでチェンジのはずが1アウト一二塁となりましたが、このピンチも安達、糸井を打ち取ってしのぎました。

最大のピンチは6回でした。1アウトから糸井にヒットを許すと、続く中島に上手く払われた打球がレフト線を破って1アウト二三塁。厳しい場面でしたが、ここからブランコのバットをへし折ってショートフライ、T-岡田はセカンドゴロ。このピンチもしのぎました。

打線のほうは初回、1アウトから栗山、浅村の連打でチャンスを作りましたが、中村がセカンドゴロゲッツーに倒れて無得点。3回の2アウト二塁も活かすことができません。

6回に先頭の秋山がツーベースで出塁すると、栗山のライトフライの間に三塁に進みます。浅村が三振に倒れて2アウトになりますが、中村がフォアボールでつなぐと、続くメヒアが一二塁間を破るタイムリーでライオンズが先制。これが決勝点になりました。

先発の牧田は7回を投げて5安打無失点。冒頭ではピンチのことばかり書いていましたが、これ以外は完璧でしたし、そもそも序盤のピンチは野手の守りのせいです。開幕投手としては文句なしの内容でしょう。左バッターも内外角を上手く使って攻められていましたし、これが一年続けばかなり期待できると思います。

8回は2番手の増田が登板し、先頭の安達をフォアボールで歩かせて嫌なムードになりかけましたが、糸井、中島を連続三振、ブランコをレフトフライに打ち取りました。この3人への投球は素晴らしかったです。9回は守護神高橋朋が3人で締めてゲームセット。ライオンズは4年ぶりの開幕戦勝利を挙げました。いつ以来の貯金だろうw

2015/03/26(木)開幕前夜

2015/03/26 23:35

いよいよ明日、プロ野球が開幕します。開幕してしまいます。現実を直視しなければいけない半年間が始まってしまいます。ふぅ……。

というわけで、お約束のパ・リーグ順位予想。

順位 チーム
1 オリックス
2 福岡ソフトバンク
3 埼玉西武
4 北海道日本ハム
5 千葉ロッテ
6 東北楽天

頑張ってポジってみましたが、それでも3位が精一杯でした。ライオンズを6位に持っていって4位以下を一つずつ上げれば、巷でよく見かける順位予想になると思いますw

そのライオンズも打線は悪くないと思います。秋山がオープン戦の調子をシーズンに持ち込んでくれれば文句のない1番ですし、栗山も1番や3番としては物足りなくても2番はもともと打っていたふさわしい打順です。浅村、中村、メヒアの3人は万全であれば12球団でも屈指のクリーンアップです。もっとも、浅村、中村は手術明けで、メヒアもオープン戦最後まで火がつかなかったのが心配ではありますが……。

投手陣に関しては、8回増田、9回高橋朋はいいとして、それ以外は先発も中継ぎも不安だらけです。岸、菊池を欠いている状態で、序盤はローテーションがかなり厳しそうです。野上のオープン戦好成績が確変ではなく成長の証であればいいんですけど。

……そう言えば西口さんってどうしてるんですか?

2015/03/25(水)初日

2015/03/25 23:13

本日からQMA稼働ですが、場所によってあっさり稼働していたりセッティングに時間がかかっていたりと、持つものと持たざるものの差がはっきりと出た初日でした。

弊社近くのアドアーズでは、18時を過ぎても店員さんが頑張っていらっしゃったので、なんというか、お疲れ様です。さすがに明日は動いているだろう。

今日はBPStudyで楽しい野球の話がたくさん聞けました。来年の開幕前も期待していますw

2015/03/24(火)次回作もよろしくお願いします

2015/03/24 22:29

いよいよ明日、QMAの次回作、暁の鐘が稼働します。

少し前にも触れましたが、今作、前作と続けて宝石に届いていないので、今度こそは頑張りたいと思っています。飽きたわけでもやる気がなくなったわけでもないのです。現状ではあまりまとまった時間は取れないのですが、まずは昼休みに抜け出して毎日2、3クレやるところから始めますかねw

その時間が取れない原因の一つである仕事のほうですが、先週末時点で奇跡の5日前倒しに成功したものの、ちょうどいい機会だからと今までやっつけだった部分を書き直していたら、けっこうまずい問題が見つかってしまって5日の貯金を吐き出してしまいそうです。でも今の段階で見つかって良かった。

というわけで、あわよくば開幕戦の日に休もうとか思っていたのですが、ちょっと無理っぽい感じ。まぁ、岸じゃないし、相手も金子じゃないしいいか、と自分を慰めていますw

2015/03/23(月)開幕投手確定?

2015/03/23 23:26

開幕投手は牧田で確定みたいですね。主要なスポーツ紙がほぼ同じ論調で書いているので、何らかの情報があったのでしょう。

西武岸は開幕アウト左脇腹炎症、代役牧田は初の大役 - 野球 : 日刊スポーツ
西武・牧田“岸の代役”開幕投手濃厚に「言わなくても分かるでしょ」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
西武・牧田、けがの岸に代わり5年目で初の開幕投手決定的 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)
【西武】岸、開幕回避!代役に牧田「勝ちにこだわりたい」 : 野球 : スポーツ報知

ここ2年は満足の行く結果が残せていませんが、今年はキャンプから調子が良さそうだったので頑張ってほしいと思います。以前、今年も不安だなぁみたいなことを書きましたが、昨日のピッチングはそれほど悪くありませんでした。これが開幕戦でも出せるように頑張ってください。

2015/03/22(日)岸、開幕回避

2015/03/22 21:07

ライオンズとバファローズの開幕戦は、どうやら双方ともエースが回避することになりそうです。

西武岸、開幕回避「謝罪しかないです」 - 野球 : 日刊スポーツ

昨日の第一報では異常なしということでしたが、残念です。

岸の代わりの開幕投手については、田辺監督は「牧田か野上」と明言しました。

大舞台の経験という意味では、牧田を選ぶべきなのでしょう。国際試合の経験もありますし、ルーキーのときに「CS出場のためには勝つしかない」というレギュラーシーズン最終戦の最終回の経験もあります。また、毎年開幕直後は好投することが多いのもプラスの材料です。

一方、現在の調子を考えれば、これは野上一択になります。ただ、去年はバファローズにめちゃくちゃ打たれているのが不安ではありますが……。とはいえ、ここで開幕投手の経験を積ませて、もう一皮むけてもらいたいという思いもなくはありません。

残念ながら、現在の状況では「二人もいる候補の中からどちらを選ぶか悩ましい」というよりは「二人のどちらのほうがマシか悩ましい」というレベルの話なのがちょっと寂しいところです。本当は二人とももっといいピッチャーに育ってなければいけないんですよね。

いずれにせよ、開幕まであと5日。どちらが選ばれるにせよ、今後の飛躍のためにはいい経験になると思います。もともと目標にしていた登板日とは変わるので調整も大変だと思いますが、いい結果を残せるよう頑張ってほしいと思います。

OK キャンセル 確認 その他