2019/03/31(日)現実逃避

2019/03/31 16:20
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第3回戦】
(2019年3月31日/福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 0 0  0 1 0  0 0 0  1
福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 2  1 0 x  3

[勝] 高橋礼 1勝0敗0S
[S] 森   0勝0敗2S
[敗] 高橋光 0勝1敗0S

[本塁打]
  5回表 中村  1号 ソロ  (高橋礼)
  6回裏 柳田  2号 2ラン (高橋光)
  7回裏 上林  1号 ソロ  (高橋光)

オープン戦が終了しました。週明けの開幕戦が楽しみですね!

2019/03/30(土)143分の2

2019/03/30 20:55
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第2回戦】
(2019年3月30日/福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 2 0  2 0 0  0 1 0  5
福岡ソフトバンク  1 0 0  5 0 0  0 0 x  6

[勝] ミランダ 1勝0敗0S
[S] 森    0勝0敗1S
[敗] 今井   0勝1敗0S

[本塁打]
  2回表 栗山  1号 2ラン (ミランダ)
  4回裏 柳田  1号 満塁  (今井)
  8回表 山川  2号 ソロ  (奥村)

一つのミスが取り返しのつかない結果に結びついてしまいました。

4-1とライオンズの3点リードで迎えた4回裏。ノーアウトから内川のヒット、松田のフォアボールで一二塁のピンチを招きますが、ここから今井はギアを上げて上林、甲斐を連続三振のあと、牧原をセカンドゴロに打ち取りますが、外崎の一塁へのトスが高く浮いて山川の足が離れてしまいます(記録は内野安打)。続く今宮に根負けして押し出しのフォアボールを与えると、柳田には初球をとらえられて逆転のグランドスラム。一気に試合がひっくり返りました。

ライオンズ先発の今井は、ランナーを出しながらもよく踏ん張って投げてくれていたと思います。柳田の手痛い一発は浴びましたが、去年のように追い込んだあとに仕留めきれずに出塁を許すような場面はなかったですしね。5回途中6失点という数字ほどは悲観しなくていい内容でした。今年はローテの軸としてやってくれると思います。

打つほうは金子侑、木村が相変わらずノーヒット。まだ2試合なのでノーヒットの選手がいるのは仕方がないのですが、1点差の9回の場面でこの二人に出す代打がいないのはちょっと切実な問題です。所沢に帰ったときにおそらくメヒアが上がってくると思いますが……。

2019/03/29(金)143分の1

2019/03/29 23:21
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第1回戦】
(2019年3月29日/福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 4 0  0 0   4
福岡ソフトバンク  0 1 0  1 2 0  0 0 0  0 1x  5

[勝] 甲斐野 1勝0敗0S
[敗] ヒース 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 松田宣  1号 ソロ (多和田)
  8回表 山川   1号 満塁 (加治屋)

2019年のペナントレースが開幕しました。

ライオンズの開幕投手は多和田。ボール自体はそこまで悪くはなかったと思いますが、今日のストライクゾーンが狭さに苦しめられました。5回4失点は少し可哀想でした。

対するホークスの開幕投手は千賀で、今日は手がつけられませんでした。ストライクゾーンが狭かったのは同様ですが、あれだけストレートが走っていれば四隅を狙わなくても打たれません。ややフォークの落ちが悪いイニングはありましたが、6回を3安打無失点で勝ち投手の権利を持ったまま降板。

ライオンズは8回に加治屋を攻め、山川のグランドスラムで同点に追いつきます。ただ、まだノーアウトで、さらに続く森も内野安打で出塁したのに同点止まりだった。今振り返ればここが痛かったかなと思います。

ライオンズは多和田のあと、斉藤大、平井、増田と繋いで延長戦に突入。増田は2イニングとなりましたがよく抑えてくれました。延長10回はマーティンが登板し、2本のヒットと敬遠で1アウト満塁のピンチを招き、代打福田の場面でカウント3-0と追い込まれましたが、そこから3つストライクを続けて三振。続く牧原も三振でピンチをしのぎました。

11回裏はヒース。ストライクが入らずに今宮をフォアボールで歩かせると、柳田、デスパイネの連打でサヨナラ負け。ヒースはかなり足元を気にしていましたが、これが続くようだと心配ですね……。ともあれ、この1試合でガタガタ言う必要はないと思います。

今シーズンは黒星スタートとなりましたが、しょせんは143分の1です。切り替えて行きましょう。

2019/03/28(木)開幕前夜

2019/03/28 22:55

いよいよ明日、2019年のプロ野球が開幕します。

というわけで恒例の順位予想です。単なる願望とも言います。

順位チーム
1埼玉西武ライオンズ
2北海道日本ハムファイターズ
3福岡ソフトバンクホークス
4千葉ロッテマリーンズ
5オリックスバファローズ
6東北楽天ゴールデンイーグルス

3年契約最終年のメヒアさんが圧倒的な残留力を見せつけて連覇に貢献する予定です。

2019/03/26(火)新宿で会いましょう

2019/03/26 22:31

明日、Baseball Play Studyで発表させていただきます。ほとんどの参加枠は埋まっていますが、マッサージ枠には空きがありますし、キャンセルする可能性もあります枠もキャンセル待ち3人という状況なので、今並べば参加できる可能性は高いと思います(もちろん、保証はできませんが)。参加される方は新宿でお会いしましょう!

西武秋山が絵馬に「全てを超える」日本一へ必勝祈願 - プロ野球 : 日刊スポーツ

絵馬の写真を見ると「全てを越える」と書いてあったんですが、記者の方は本当に絵馬を見たんですかね……というツッコミはさておき。応援歌の歌詞からの引用で、俺たちの応援は届いていたんだねという嬉しい気持ちでいっぱいです。カッコよすぎだろ……。

2019/03/25(月)2019-03-25

2019/03/25 22:37

おかしい……Baseball Play Studyのスライド枚数が多すぎるので削っていたはずなのに、小ネタを思いついてしまって40枚を超えてしまった……。もう少し頑張って構成を練り直してみて、駄目なら分析結果をサラッと流す形にしようかなーとも思っています。私の発表は分析結果はわりとどうでもよくて、そこに至るまでの技術の無駄遣いを楽しんでいただくものだと思っているので。

4/2(火)~選手プロデュース弁当・グルメ販売開始!内海投手プロデュース「内海のダブルチキン弁当」が新登場!|埼玉西武ライオンズ

源田がとり天弁当なので、これで鶏肉のお弁当が2種類も! 私も鶏肉が大好きなので、4月3日の晩ご飯はこれにしようと思います。

……というわけで、スライドの修正を頑張りたいと思います。

2019/03/24(日)開幕ローテーション

2019/03/24 20:36

Baseball Play Studyの発表の練習をしたのですが、早口で頑張っても6分を切ることができず、泣く泣く資料を削っています。参加者にエンジニア以外の方が増えてきたので、聴衆受けのことだけを考えれば技術的な話をバッサリ削ればいいのですが、受けないからと言って技術の話を削ってしまったら、それは単に飲み屋で野球の話をしているのと変わらないんですよね……。

西武辻監督が開幕ローテ発表 多和田、今井、高橋光、ニール、武隈の5人に | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

結局6人は揃いませんでした。おそらく伊藤、相内、高木あたりで調子がいい選手を6番手に使うことになるのでしょう。そう言えば十亀さんは何をしているのでしょうか……。

開幕がホークス相手だからということもあるでしょうが、単純にいいピッチャーから投げさせているローテなので、裏ローテがちょっと頼りないところがあります。このあたりは内海、榎田、松本が帰ってきたときに考えるということなのでしょうか。

打つほうはさほど心配していないのですが、ピッチャーがこの状況では、しばらくは打線がカバーしてあげないといけません。おそらく今日のスタメンがそのまま開幕スタメンになると思うのですが、金子侑、木村といった競争を勝ち抜いた選手たちには引き続き頑張ってほしいと思います。スタメンを勝ち取るところがゴールではないので。

2019/03/23(土)気合いを入れすぎた

2019/03/23 23:16

Baseball Play Studyのスライドが完成したのですが、6分の発表に対して38枚のスライドがあり、単純計算で1枚10秒ほどという厳しい戦いが予想されます。

明日はカラオケボックスに行って発表の練習をする予定です。飽きたら埼玉県のうたを熱唱します。違った、地平を駈ける獅子を見たを熱唱します。

……と、発表時間の圧縮には苦しむ予感はあるものの、今回もそれなりにオチがついた発表ができそうです。今回は会場が西新宿ということで、QMAに全力投球していた時期は庭にしていた街での勉強会ですから、いい発表にしたいという思いがあるのですが、少なくとも恥ずかしくない発表はできると思います。あとは明日でどこまで磨き上げられるかですね……。

2019/03/22(金)お疲れ様でした

2019/03/22 22:54

改めて言うまでもなく偉大な選手でした。

イチロー節全開84分深夜の引退会見/全文一気読み - MLB : 日刊スポーツ

最後に現地で観たのは、2000年の東京ドームでのファイターズ戦になると思います。一部の方々には堀江由衣とサエキトモが始球式をした試合だと言えば通りがいいかもしれません。この年は日本での最後の年で、開幕から4番に座り、ずっとハイアベレージをキープしていました。試合は8月半ばだったはずですが、この時点でも打率が3割9分を超えていたはずです。怪我で途中離脱しましたが、それまでは本当に4割を打ってしまうのではないかと思うようなシーズンでした。

このあとメジャーに渡ることは想像していましたが、まさかそのまま19年もプレイを続けるとは。今まで本当にお疲れ様でした。

OK キャンセル 確認 その他