2020/07/16(木)光が見えない

2020/07/16 22:26
【東北楽天 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2020年07月16日/楽天生命パーク)

埼玉西武  0 0 0  1 0 0  3 0 0  4
東北楽天  1 1 0  0 1 2  0 2 X  7

[勝] 安楽  1勝0敗0S
[S] 森原  1勝0敗4S
[敗] 高橋光 2勝2敗0S

[本塁打]
  6回裏 辰己  2号 2ラン (高橋光)

高橋光は初回、2回と1点ずつを失う苦しい立ち上がりで、3回以降は少し腕が振れてきましたが、5回にマンネリのタイムリー、6回に辰己のホームランを浴びて結局6回5失点。これがたまにであれば仕方がないで済ませるのですが、毎回こんな感じなんですよねぇ。去年の開幕直後はついに本格化したかと思ったのですが、まだまだ一人前というのは早すぎるようです。

打つほうはいつものように追いつかない程度の反撃で、8回裏の2失点でとどめを刺されました。鈴木が毎日ヒットを打っているのはとても嬉しいのですが、打線全体ではやはり苦しい印象はぬぐえません。特に山川はフォアボールは選べているもののボールが見えているとは言い難い状況で、復調まではしばらく時間がかかりそうです。そして木村は1安打と犠牲フライで明日のスタメンも安泰という救いのなさ。

さて、明日の予告先発はニールと則本です。今年調子がいいとはいえ、さすがにこれまで散々カモにしてきた則本に抑えられるといよいよ深刻になってきますので、そろそろ打線には目を覚まして欲しいのですが。

2020/07/15(水)情けない

2020/07/15 21:48
【東北楽天 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2020年07月15日/楽天生命パーク)

埼玉西武  0 0 0  0 0 0  0 0 0   0
東北楽天  0 0 0  5 0 0  6 0 X  11

[勝] 涌井 4勝0敗0S
[敗] 今井 1勝3敗0S

[本塁打]
  4回裏 茂木  2号 3ラン (今井)
  7回裏 浅村 10号 ソロ  (浜屋)

今井があまりにも酷かったこと、スタメンに木村が帰ってきてしまったこと、その木村が延命のヒットを打ったこと、マンネリにホームランを打たれたこと、こんなクソみたいなゲームなのに最終盤まで森や中村を引っ込めなかったこと、そもそも引っ込められたのが森、栗山、中村だけだったこと。腹の立つことばかりです。

今日のライオンズのヒットはわずかに3本だったのですが、その3人が鈴木、山野辺、山田というところは数少ないポジ要素でしょうか。

2020/07/14(火)天気には勝てない

2020/07/14 21:21

今日の仙台のゲームは雨のため中止となりました。日程のことを考えるとあまり流したくはないのですが、悪いコンディションで無理矢理開催して鳥や停電を駆使されても困りますので、最初から中止で良かったと思うことにしましょう。

スライドはしないとのことで、明日の先発は今井になります。昨日も同じようなことを書きましたが、あさってが浜屋だとすると、カード頭になる今井の投球はとても大事なものになってきます。前回のピッチングは途中までは非常に良かったので、今度はあれが7回、8回まで続けられるように頑張って欲しいと思います。

2020/07/13(月)移動日

2020/07/13 23:28

技術系同人サークルThunder Clawが次にサークル参加するイベント(いつかは未定)に向けて少しずつ動き始めています。

表紙イラストはすでに発注済み。また、これまではRe:VIEWでPDFを生成していたのですが、今回はPandocでMS-Wordのファイルを吐き出して、それを自作プログラム(POIを使用)で編集してからPDFに変換する予定です。内容ができてきて、お知らせできることが増えてきたらまたご報告します。

西武ドラ2左腕浜屋が先発抜てき、楽天の左打線対策 - プロ野球 : 日刊スポーツ

16日となると、その前に高橋光、今井がどれだけイーグルス打線に対して布石を打てるか、崩せるかというところも大事になってきますね。特に高橋光はカード先頭を任されているわけですから、あとに投げるピッチャーが少しでも楽に投げられるようなピッチングを期待しています。

2020/07/12(日)あと一人で……

2020/07/12 18:56
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第5回戦】
(2020年07月12日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   0 1 5  0 0 2  0 0 0  8
千葉ロッテ  0 2 1  0 1 0  0 0 1  5

[勝] 平井    2勝0敗0S
[敗] フローレス 0勝1敗0S

[本塁打]
  3回表 栗山         3号 3ラン (フローレス)
  6回表 スパンジェンバーグ  3号 2ラン (中村稔)

今日は與座のために点を取ると試合前に約束していたという栗山が大活躍でした。2回に栗山のタイムリーツーベースで先制すると、逆転された直後の3回には外崎の2点タイムリーツーベースで逆転したあと、栗山のスリーランで突き放しました。

ライオンズ先発の與座は、初回はランナーを出しながらゲッツーで3人で終わらせる上々の立ち上がりでしたが、2回に逆転を許してしまいます。とはいえ、3連打であっぷあっぷになりかけたところでスクイズをしてくれたおかげで2点で終わったという印象です。強行されていたら今日の試合自体がどうなっていたか分かりません。

與座は3回にも1点を失いますが、どうにかこうにか5回の2アウトまでこぎ着けたところで、菅野にフォアボールを与え、レアードにタイムリーツーベースを浴びたところで降板となりました。あと一人で勝ち投手の権利ではありましたが、続くバッターが好調の井上で2点差という状況では仕方がないでしょう。

與座については中継の解説のジョニー黒木の指摘がもっともかなと思いました。(これは森の問題でもありますが)もっと左バッターのインコースをきっちり攻めること。変則投球そのものが武器なのだから(そこまでのコントールがないのに)四隅を狙いすぎてカウントを悪くしないこと。昨日の見ているんだか見ていないんだかわからない有藤とは比べものにならない、とても分かりやすい解説でした。

2020/07/11(土)若手の躍動

2020/07/11 22:07
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第4回戦】
(2020年07月11日/ZOZOマリンスタジアム)
埼玉西武   0 0 2  0 0 1  0 1 0  4
千葉ロッテ  4 1 0  1 0 0  0 0 X  6

[勝] 種市 1勝1敗0S
[S] 益田 0勝1敗5S
[敗] 松本 0勝2敗0S

[本塁打]
  1回裏 菅野  1号 2ラン (松本)
  1回裏 井上  4号 2ラン (松本)
  3回表 鈴木  1号 ソロ  (種市)

今週のZOZOマリンはとても野球をやる環境ではないので、打たれたピッチャーに関しては責めないつもりだったのですが、それでも松本は酷すぎました。本田を落とすくらいなら松本も下で調整させるべきかなと思います。まぁ、上げるピッチャーがいないのかもしれませんが。

打つほうでは今日も1番に入った鈴木がプロ入り初ホームラン。着実に結果を出してくれて嬉しいです。山野辺もツーベースと犠牲フライで結果を残しました。あとは川越だけなのですが、難しいボールを選んでフォアボールで歩いてはいますし、フルスイングを貫けているので、もう少し様子を見たいところです。

二軍では愛斗が打ちまくっているようですが、その愛斗は一軍に上がると借りてきた猫になってしまい、フルスイングをすることができません。そういう意味では、同じ一軍のストレートについていけない状態だとしても、私は川越のほうが評価は高いです。二軍ではもうやることはないんじゃないかな。

2020/07/10(金)念願の有観客試合

2020/07/10 21:38
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第3回戦】
(2020年07月10日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   3 0 0  1 0 0  0 2 1  7
千葉ロッテ  2 0 3  1 0 0  0 0 0  6

[勝] ギャレット 2勝0敗0S
[S] 増田    1勝0敗6S
[敗] 益田    0勝1敗4S

[本塁打]
  1回表 山川  6号 3ラン (石川)
  3回裏 井上  3号 3ラン (ニール)
  8回表 栗山  2号 2ラン (東條)

5000人限定ではありますが、ついに観客を入れての試合です。ただ、東京の感染者数の伸びを見ると、今後はどうなるんでしょうね……。

ライオンズ先発のニールはなんとも評価に困るピッチングでした。6回6失点という数字は「悪い」と言うしかないのですが、初回は三本間の挟殺プレイで荻野の生還を許してしまったあとの犠牲フライということで、自責に入れるのもかわいそうな感じ。3回の井上のホームランは「あれがホームランになるのかよ」という当たりで、失点ほど印象は悪くありませんでした。とはいえ、良かったかというと決してそんなことはなく、フォアボールを4つ出すなど、普段ほどの制球は見られませんでした。

打線は初回に山川のホームランで先制。4回に山野辺のタイムリーで1点を返します。ただ、5回のエラーとデッドボールで1アウト一二塁のチャンスを作りながらもモノにできなかったあと、石川に立ち直られてしまいました。6回7回は三者凡退に終わります。

8回表、マリーンズのピッチャーが東條に代わってから流れが変わりました。1アウトから森がフォアボールで出塁すると、栗山が低めのボールを完璧にとらえてライトスタンドへの同点ホームラン。試合を振り出しに戻します。

9回表、先頭の鈴木が内野安打で出塁すると、源田が送って1アウト二塁。外崎フォアボール、山川デッドボールで満塁とします。森はセカンドゴロに倒れますが、栗山がフォアボールを選んで押し出し。これが決勝点になりました。スタメンを外れた中村の状態は心配ではありますが、1番鈴木、8番川越、9番山野辺という夢のある打線が組めていて、実際に結果も出ているので非常に楽しいゲームとなりました。

2020/07/09(木)風が語りかけます

2020/07/09 21:40

今日の試合は4回途中で雨のためノーゲームとなりました。正直言って試合をやれるような雨ではなかったと思うのですが、やはり過密日程で中止にしたくないという思いがあったのでしょう。3-0とリードしていたマリーンズには申し訳ない気持ちもありますが、あのまま強行しても怪我人が出たかもしれないので、仕方がない判断でしょう。

メットライフドームに“新しいお土産”が登場!「ライオンズプレミアム食パン」と「らいおんず十万石まんじゅう」を発売!スマ弁での事前予約・購入も!|埼玉西武ライオンズ

むしろなぜ今までコラボしていなかったのだという十万石まんじゅうですが、やはり賞味期限の短さがネックだったのでしょうか。

2020/07/08(水)連敗ストップ

2020/07/08 22:14
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第2回戦】
(2020年07月08日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   1 0 0  0 0 1  0 1 0  3
千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 今井 1勝2敗0S
[S] 増田 1勝0敗5S
[敗] 小島 1勝2敗0S

[本塁打]
  6回表 森  2号 ソロ (小島)

今日も昨日同様の10メートルオーバーの風が吹く中での試合でしたが、今井はこの風を上手く味方につけました。変化球が面白いように曲がり(また、ヒーローインタビューによればストレートも動いたとのこと)、7回まで安田に打たれた2安打のみの好投。6四死球はあまりいただけませんが、それでもこの風の中でのピッチングということを考えればあまり責められません。ナイスピッチングでした。

打つほうは初回、スパンジェンバーグのツーベースでチャンスを作ると、源田の進塁打で三塁に進み、外崎のタイムリー内野安打で1点を先制。6回には森のホームランで追加点を挙げると、8回には山川のタイムリーで駄目を押しました。これでライオンズの連敗は3でストップです。

このところ元気のなかった山川、森が2安打ずつということで安心した一方で、中村、栗山に疲れが見えてきている感じもしますね。特に栗山は打順的に歩かせてもいいという厳しい攻めをされているので、苦しい打席が続いています。少し休ませてもいいかもしれませんね。

2020/07/08(水)3連敗

2020/07/08 22:01
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第1回戦】
(2020年07月07日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   0 0 1  0 0 1  3 0 1  6
千葉ロッテ  0 0 0  0 3 3  2 0 X  8

[勝] 有吉  1勝0敗0S
[S] 益田  0勝0敗4S
[敗] 高橋光 2勝1敗0S

[本塁打]
  6回裏 安田 1号 2ラン (高橋光)

昨日の試合から。

あまり野球をやる環境だとは思えない、15メートル級の風が吹き続ける中の試合でした。ライオンズ先発の高橋光は2回に三者連続三振を奪うなど、4回までは3安打無失点と上々の立ち上がりでしたが、5回に突如崩れて逆転を許すと、6回にも3点を失って降板。1点取られたところから一気に崩れるのは去年から変わっていませんね……。

打線もよく頑張りましたが、山川のホームラン性の打球が逆風に押し戻されたり、大チャンスの場面で木村に回ったりであと一押しができませんでした。

明るい話題としては、8番の川越が1安打2四球、9番の鈴木が2安打と活躍したことでしょうか。今後も我慢してこの二人を使ってほしいのですが……。

OK キャンセル 確認 その他