2021/04/30(金)エース

2021/04/30 22:48
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第5回戦】
(2021年04月30日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  2 0 1  0 0 2  5
北海道日本ハム  0 0 1  0 0 0  0 0 0  1

[勝] 高橋     4勝0敗0S
[敗] バーヘイゲン 0勝2敗0S

高橋がエースのピッチングでした。3回にワイルドピッチで先制を許しましたが、6回を投げてその1失点のみ。5回には1アウト満塁の大ピンチを招きましたが、王をファーストゴロ、近藤を見逃し三振に打ち取ってしのぎました。今年は2割5分あたりを推移しているとはいえ、やはり近藤は近藤なわけで、非常にしびれる場面でした。お見事。

打線は高橋の好投に応え、4回にあへ単と化した中村のタイムリーで同点に追いつくと、愛斗のタイムリーで逆転に成功します。さらに6回にはノーアウト一三塁から、栗山のレフトファウルフライをなぜか王が捕球して犠牲フライ。さらに1点を追加します。9回には源田の2点タイムリースリーベースで駄目を押しました。

明日の予告先発が本田と上沢という厳しい条件なので、今日勝てたのは大きい。とはいえ、本田もそろそろ意地を見せて欲しいところではあります。

2021/04/29(木)スイープならず

2021/04/29 18:40
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第6回戦】
(2021年04月29日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  4 0 0  0 1 0  0 0 0  5
埼玉西武   2 0 0  0 0 0  0 0 0  2

[勝] 岩下 3勝2敗0S
[S] 益田 0勝3敗5S
[敗] 伊藤 0勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 マーティン 10号 2ラン (伊藤)

ライオンズの先発は2度目のチャンスをもらった伊藤でしたが、その期待に応えることはできませんでした。初回、アウトを1つしか取れずに2安打3四球で降板。残念ながら「ひどい」の一言です。中継ぎに戻るのか、二軍に落とすのかはわかりませんが、またしばらく先発のチャンスはもらえないでしょう。期待していただけに残念です。

いきなり4点のビハインドを背負ったライオンズですが、直後の1回裏、源田のスリーベースと森のフォアボールでチャンスを作ると、中村のタイムリーで1点を返します。さらに愛斗にもヒットが出て満塁とし、続く呉もセンターへ抜けようかという当たりを放ちますが、ショート藤岡のファインプレイで二塁フォースアウト。この間に三塁ランナーが帰りますが、今振り返ってみると、ここが試合の分岐点になる大きなファインプレイでした。

打線はこのあと立ち直った岩下の前に源田の内野安打1本に抑えられ、ハーマン、唐川、益田のリレーの前に抑え込まれました。2勝1敗とカード勝ち越しではあるものの、これまでの連敗のことを考えるともう一つ取りたいところでした。

数少ない明るい材料としては、2番手の松本が5回2/3を1失点に抑えてくれたことでしょうか。まだ危なっかしい球も散見されるのですが、ストライクが入らずに話にならないという状況は脱したようです。伊藤がこんな内容でしたし、来週は先発に戻るかもしれませんね。

2021/04/28(水)骨と牙と愛斗

2021/04/28 21:42
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第5回戦】
(2021年04月28日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  1 0 0  0 0 1  0 0 0  2
埼玉西武   0 0 1  0 0 1  0 1 X  3

[勝] 平良 1勝0敗0S
[S] 増田 0勝1敗8S
[敗] 唐川 1勝1敗0S

[本塁打]
  6回表 マーティン  9号 ソロ (今井)
  6回裏 愛斗     4号 ソロ (小島)
  8回裏 栗山     1号 ソロ (唐川)

ライオンズ先発の今井は今シーズン一番の出来だったと思います。もちろん6四球は褒められた話ではないのですが、開幕直後のように独り相撲ではなく、相手バッターと勝負できるようになっています。7回2失点はよく踏ん張ったといっていいでしょう。できれば勝ちをつけてあげたかった。

打線は小島の前に完璧に抑え込まれたという感じではなく、あと一本がでないもどかしい展開が続きました。3回に中村のタイムリーで一時は同点に追いつきますが、4回までに6安打を打っていて1得点はいかんでしょ。

それでも、6回に愛斗のホームランで同点に追いつくと、8回には栗山のホームランで勝ち越し。そのまま逃げ切りました。このところ調子が落ち気味だった二人にホームランが出たのは大きい。

特に栗山は試合中に打率が2割を切ったこともあり、そろそろ休ませるか打順を下げたほうがいいのでは、というエントリを書く気満々だったのですが、手首をねじ切る勢いで手のひらを返させていただきますw

2021/04/27(火)上間のプロ初勝利で連敗ストップ

2021/04/27 20:41
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第4回戦】
(2021年04月27日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 0 1  0 0 0  0 0 0  1
埼玉西武   0 0 0  2 1 0  0 0 X  3

[勝] 上間 1勝1敗0S
[S] 増田 0勝1敗7S
[敗] 石川 1勝1敗0S

今日は若林がスタメンから外れ、源田、スパンジェンバーグの1、2番で試合が始まりました。このまま若林を使わないつもりならば辻監督を批判する所存ですが、最近ヒットを打てていなかったことですし、休養を与えるのであれば妥当なタイミングでしょう。

さて、ライオンズ先発の上間は、3回に荻野にタイムリーを浴びて先制を許すと、さらにマーティンのヒットで一三塁とピンチが広がりましたが、続く中村奨をピッチャーゴロゲッツーに打ち取って1点でしのぎました。ここで追加点を許さなかったのが大きかった。

3回まで石川の前にノーヒットに抑えられていた打線は4回裏、1番2番に座った源田、スパンジェンバーグの連打でチャンスを作り、中村のタイムリーで逆転に成功します。5回には源田の内野ゴロの間にもう1点を追加しました。

上間が4回5回と三者凡退に抑えると、6回以降は継投策に入りました。ギャレット、宮川、平良、増田とつないで逃げ切りました。これでようやく連敗が6でストップ。上間はうれしいプロ初勝利となりました。おめでとうございます!

2021/04/26(月)夢幻の鏡界はまだプレイできていません

2021/04/26 21:28

本日からQMAの最新作、夢幻の鏡界が先行稼働ということで、平時であればゲーセンに行ったのでしょうが、さすがにそういう状況ではなく、初プレイはしばらく先になりそうです。

Twitterの情報では問題文が白地に黒になっていて、少しまぶしいかなという印象で、特にエフェクトはかなり見づらいという意見を散見しました。実機で見てみないとわかりませんが、多くの人が同じことを指摘しているので、おそらく本当に見づらいんだろうなぁとは思います。まぁ、並べ替えはほとんど問題文を見ないけどな!

あと、もうプレイしていない老害のみなさんは少し黙っていたほうがいいと思うよ。

カードネームは、例年であれば宝石になるまではDHシアンフロこ@ルキア、宝石になったらDHパグリアルよ@ヤンヤンという感じなのですが、今回はおそらく輝望の刻で使っている名前をそのまま引き継ぐと思います。

いや、夢幻の鏡界では戻すつもりで「この名前はまるこが先発出場するまで使うよ」って言っちゃったので……。4位と300pt近く差をつけてから4戦あって、まさか一度も使わないとは思いませんでした。監督はどんだけチキンなんだよ。辻発彦かよ。しかも、強烈な嵐に巻き込まれて削られ続けて、だんだん出しづらい差になってきてるし。

ともあれ、このコメントは自分でもわりと良くできたと思います。リーチって単語あったんですねw

2021/04/25(日)そろそろ意地を見せてくれ

2021/04/25 20:09
【東北楽天 vs 埼玉西武 第6回戦】
(2021年04月25日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 1 2  1 0 0  4
東北楽天  0 5 0  0 0 3  0 0 X  8

[勝] 早川 3勝2敗0S
[敗] 平井 3勝1敗0S

[本塁打]
  7回表 呉念庭  3号 ソロ (安楽)

今日は20年ぶりにTOEICを受けに行ったために午後はずっと家を空けていたのですが、リアルタイムで試合を見られなくて良かったです。同じチームに何度やられてるんだ。

ライオンズ先発の平井は、初回こそゲッツーもあって3人で攻撃を終えたものの、2回に6安打を集中されて5失点。6回にも2人のランナーを出したところで降板となりました。その二人のランナーを佐野がきっちり生還させたわけですが、いわゆる「西武の中継ぎ」が帰ってきたという感じですね。帰って来なくて良かったのに。

平井は今日のように左を並べられたときの対処が課題になりそうですね。予告先発である以上、このような事態は避けようがないので。

打線は相変わらず元気がなく、スパンジーと呉の前にどれだけランナーを置くかを考えてオーダーを決めるべきかと思います。中村はヒットこそ出るようになりましたが、打球が全く上がらず、上がったとしても内野フライ。栗山は今日はヒットが出ましたが、開幕戦のような鋭い打球は飛ばせていません。怪我の影響なのか、離脱後の調整が完璧でないうちに一軍に上がってきたのか……おそらく後者。

愛斗と若林もだいぶ打率が下がってきましたが、それでもまだ金子よりは打率が高いので、もう少し我慢して起用してほしいと思います。もちろん、打順を少し下げたり、スポット的に1試合休ませるのはいいと思いますが。

2021/04/24(土)借金生活突入

2021/04/24 20:21
【東北楽天 vs 埼玉西武 第5回戦】
(2021年04月24日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 1  0 0 0  0 0 0  1
東北楽天  2 0 0  0 0 0  0 0 X  2

[勝] 田中将 1勝1敗0S
[S] 松井  0勝0敗6S
[敗] 本田  0勝1敗0S

ライオンズ先発の本田は初回にいきなり2失点という苦しい立ち上がり。2回のピンチをしのいだあとは立ち直りましたが、この2点が大きくのしかかりました。

ライオンズは3回に呉のタイムリーで1点を返しますが、このあとはチャンスすら作れず、1点差のまま逃げ切られました。これで2引き分けを挟んで5連敗。ついに借金生活に突入です。

大きなポイントになったのは8回、ノーアウト一塁からの山田のバント失敗ゲッツーでしょうか。バント失敗は仕方がないとしても、ファウルと思い込んだのか、すぐに走り出さなかったのはちょっと擁護のしようがありません。ミスは仕方がありませんが、せめてやるべきことはしっかりやってほしいと思います。冷たい言い方をすれば、大きな声を出すことがやるべきことではありません。

2021/04/23(金)スパンジー復帰

2021/04/23 23:05
【埼玉西武 vs 東北楽天 第4回戦】
(2021年04月23日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 0 1  0 1 0  2
東北楽天  0 0 0  1 0 1  0 0 0  2

[本塁打]
  4回裏 ディクソン  1号 ソロ (高橋)
  6回裏 小深田    1号 ソロ (高橋)

ライオンズ先発の高橋は7回を投げてホームラン2発の2失点。連敗中でムードがあまりよくない中でしたが、きっちり投げてくれたと思います。高橋が降板したあとは、8回は平良、そして9回は昨日リリーフ失敗した増田が抑えて2-2の引き分けに終わりました。

打つほうは、6回に今年初スタメンのスパンジェンバーグのタイムリーツーベースと、8回の代打中村のタイムリーで2得点。常にリードを許す苦しい展開でしたが、終盤でなんとか追いつくことができました。スパンジーは2打数2安打2四球で4打席すべて出塁。頼もしい選手が帰ってきました。今日はサードのスタメンで出場し、途中からセカンドに回りましたが、しばらくこんな感じの起用になるんでしょうね。

結局、負けはしなかったのものの高橋でも連敗をストップできず、明日の本田に託すことになりました。おととしのようなピッチングができるといいのですが……。

2021/04/22(木)真面目にやれ

2021/04/22 23:56
【オリックス vs 埼玉西武 第6回戦】
(2021年04月22日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 2  1 0 0  0 3 0   6
オリックス  0 0 1  0 1 1  0 0 4x  7

[勝] 漆原 1勝1敗1S
[敗] 増田 0勝1敗6S

[本塁打]
  6回裏 頓宮  3号 ソロ (松本)

さすがにちょっと意味がわからなかったですね……。

先発伊藤が4回途中で降板し、結局ブルペンデーのような形になってしまった本日の試合ですが、どうにかこうにか同点止まりでしのいで、8回に愛斗の満塁走者一掃のタイムリーツーベースで3点を勝ち越し。その裏は平良が抑えると、9回には増田がマウンドに上りました。

増田はいきなり宗、吉田に連打を浴びてピンチを招きますが、安達、モヤを打ち取って2アウト。続く代打ジョーンズをサードゴロに打ち取り、ゲームセット……のはずが、サードの佐藤がなぜか二塁に投げて、いったんはアウトになったもののリクエストで覆ってフィルダースチョイス。終わったはずの試合が終わらず、続くT-岡田のスリーベースで同点とされると、代打杉本のレフト前タイムリーでサヨナラ負けとなりました。

繰り返しになりますが、さすがにちょっと意味がわかりませんでした。一塁ランナーは代走の小田、バッターランナーはジョーンズで、二塁に投げる要素がどこにもありません。ここまで頭の悪いプレイを見せられたのは何年ぶりでしょう。これはお金を取って見せてはいけないプレイです。

ただ、このときにセカンドの山田はベースを踏んだあと、いったん一塁に転送しようとして、アウトのコールを聞いてやめているんですよね。一塁に投げていたらアウトになっていたかもしれないのに、審判の誤審でゲームセットだと思い込まされてプレイを中断させられたわけで、こういうケースに対する救済措置がないのはどうなんでしょうね……。

さて、これでライオンズは4連敗。明日の光成に期待しましょう。

2021/04/21(水)3連敗

2021/04/21 24:02
【オリックス vs 埼玉西武 第5回戦】
(2021年04月21日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 2  0 0 0  2
オリックス  0 0 1  0 0 1  2 0 X  4

[勝] 山本   3勝2敗0S
[S] ヒギンス 0勝1敗2S
[敗] 今井   1勝2敗0S

[本塁打]
  3回裏 吉田正  4号 ソロ  (今井)
  7回裏 宗    1号 2ラン (今井)

6回に中村のタイムリーと栗山のゲッツーの間に2点を上げて逆転に成功しますが、その裏にジョーンズのタイムリーで同点に追いつかれると、7回には宗のホームランで勝ち越しを許し、これが決勝点になりました。

先制の吉田のホームランは仕方がないものとしても、あとの3点は少しもったいないボールではありましたが、今の今井の状態でこれを責めるのもなぁ……という印象です。とはいえ、今日の今井は荒れ球であったとしてもストライクが全く入らない状況ではなく、前回登板よりさらに良くなっているとは思います。まぁ、突然またフォーム探しの旅に出かけるかもしれないので、まだまだ安心はできませんが。

さて、明日の予告先発は伊藤と発表されています。できれば連敗中ではなく、もっと楽な状況で投げさせてあげたかったのですが、そんな贅沢を言っていられるチーム状態ではありません。今日は今井が7回まで投げてくれているので、リリーフ陣もつぎ込める状況にありますし、行けるところまで頑張ってほしいと思います。

OK キャンセル 確認 その他