2021/06/30(水)貯金できない

2021/06/30 22:24
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第14回戦】
(2021年06月30日/北九州市民球場)

埼玉西武      0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
福岡ソフトバンク  2 0 4  1 2 0  0 0 X  9

[勝] 東浜 2勝0敗0S
[敗] 平井 3勝3敗0S

[本塁打]
  3回裏 松田  9号 2ラン (平井)
  4回裏 栗原 10号 ソロ  (平井)
  5回裏 甲斐  8号 ソロ  (田村)

平井は初回から制球が定まらず、柳田のタイムリーツーベースと栗原の犠牲フライで2点を失います。2回はどうにかゼロで抑えたものの、3回にスパンジーのエラーをきっかけに、松田のホームランなどで4失点。4回にも栗原のホームランで1点を失い、4回7失点という散々な内容で降板しました。この状態でなぜ一軍に上げたのでしょうか……。

二軍で結果を残して上がってきた2番手の田村も散々で、1イニングで4安打を浴びて2失点。二軍のゾーンならストライクになる球を取ってもらえないので、ボールひとつぶんくらい内に入れるつもりがど真ん中に行くという、端的に言って実力不足というしかない内容でした。このままでは一軍と二軍の往復をするだけですので、思い切って何かを変える必要があると思います。

一方で4番手水上と5番手の渡辺は夢と希望しかないピッチングでした。水上は先頭の今宮をフォアボールで歩かせましたが、三振ふたつでデビューから5戦連続の無失点。渡辺も内野ゴロ3つの危なげないピッチングで、俺が観にいった先週の試合はなんだったんだという感じですw

打つ方は9安打を放ちながらつながりを欠く状態で山田のタイムリーで1点を返すのが精一杯。今回も貯金チャレンジに失敗し、ふたたび借金生活に逆戻りです。

2021/06/29(火)変則日程

2021/06/29 18:09

今日はプレイボールから正座して試合を見ようと思って仕事を頑張って片付けたのですが、変則日程で今日はお休みなんですね……。

明日の予告先発は久しぶりの平井ということで、どこまで調子を戻せているかが注目です。休養十分なら問題ないピッチングができると思いますし、そもそも平井なら二軍で清川に腕を下げられる心配もないので、かなり期待はできると思っているのですが。

また、メヒアが登録を抹消されたということで、下手すりゃこのままお別れかもしれないなーなどと思ってしまいました。あんまり関係ない冗談半分の話ですが、デリ&カフェにパワープレートの上位互換のメニューができてしまいましたし……。

真面目な話をすると、外崎が帰ってきたら呉がファースト、山川がDHになるでしょうから(辻監督は優勝メンバーの守備の評価が過大なところがあるので、逆になるかもしれませんが)、右の代打というポジションでしか起用はできなそうですし、一打席勝負するタイプではないのでかなり苦しいかと。

2021/06/28(月)平良、日本タイ記録の38試合連続無失点

2021/06/28 22:31
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第13回戦】
(2021年06月28日/京セラドーム大阪)

埼玉西武      0 0 1  1 0 3  0 0 0  5
福岡ソフトバンク  1 0 0  0 0 0  0 1 0  2

[勝] 松本 7勝3敗0S
[S] 平良 1勝0敗10S
[敗] レイ 1勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 中村  6号 ソロ (レイ)

昨日までバファローズと戦っていた京セラで、実況も大前さんだったのでバファローズ戦としか思えないゲームでしたw

先発の松本は初回、柳田にあわやホームランかというツーベース(というか入ったかと思いました)でピンチを作ると、栗原のタイムリーで先制を許します。ただ、2回以降は立ち直り、6回には2アウト満塁のピンチがありましたが、ここをしのいで6回1失点で降板。前回に引き続いていいピッチングだったと思います。

打線は3回に髙木が低めのボールを上手く拾ったタイムリーツーベースで同点に追いつくと、4回には中村のホームランで勝ち越し。6回には呉の2点タイムリーツーベースと山川の犠牲フライで3点を追加しました。今日は久しぶりに打線が繋がってくれたような気がします。

松本が降板したあとは、森脇、ギャレット、平良とつないで逃げ切り。5割復帰で同率3位に浮上です。また、平良は38試合連続無失点の日本記録に並びました。このところはゼロに抑えながらも盤石という感じではありませんでしたが、今日は危なげなかったと思います。

2021/06/27(日)翡翠賢者になりました

2021/06/27 21:27

2ヶ月間プレミアムプレーで押し通し、翡翠賢者に到達しました。

20210627-01.jpg

飛び跳ねるルキアちゃんはめちゃくちゃ可愛いよね……。

前作まではライオンズの駄目外人ネームだったので、チームカラーに合わせるために仕方なくアニゲを投げていたのですが、今作はドリブンズのチームカラーが緑なので、決定戦では特に無理をする必要がありませんでした。

来月以降はいろいろ忙しくなることを考慮して先月今月に無理をした部分もあるので、さすがにこれからはかなりペースは落ちると思いますが、コナステなども駆使して可能な限りプレイを続けたいと思います。

……で、まるこは切られないよね?

2021/06/27(日)完敗

2021/06/27 20:50
【オリックス vs 埼玉西武 第12回戦】
(2021年06月27日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0   0
オリックス  0 0 0  2 3 0  5 0 X  10

[勝] 宮城  8勝1敗0S
[敗] ニール 1勝2敗0S

[本塁打]
  5回裏 吉田正 15号 3ラン (ニール)

バファローズのいいところばかりが目立ったゲームでした。

ライオンズ先発のニールは、前回の揺り戻しかと思うくらいのピッチングで、とにかくボールがベルトの高さに浮きました。それでも初回、2回はゲッツーもあってゼロで切り抜けましたが、4回にT-岡田のタイムリーと伏見のスクイズで2点を先制されます。

直後の5回表が勝負の分かれ目でした。2アウトから源田がツーベースで出塁し、スパンジー、栗山の連続フォアボールで満塁のチャンスを作ります。ここで山川に一本出ていれば展開はずいぶんと違ったはずですが、初球を打ってセンターフライで特典ならず。その裏にニールが吉田正のホームランを浴びて、ここで勝負あったという感じです。

それにしても、宮城がいいピッチャーであることは間違いないんですが、毎回毎回同じようにやられているのを見ると気が滅入ってきますね。打撃コーチにはちゃんと仕事をしてもらいたいのですが……。

2021/06/26(土)引き分け

2021/06/26 19:26
【オリックス vs 埼玉西武 第11回戦】
(2021年06月26日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 2  1 0 0  0 0 0  3
オリックス  1 0 0  0 0 0  2 0 0  3

[本塁打]
  3回表 柘植   1号 2ラン (山崎福)
  7回表 吉田正 14号 ソロ  (武隈)

バファローズは初回、宗の三塁側へのピッチャーゴロが完全に死んだ打球で内野安打となると、杉本のフォアボールでチャンスを広げてT-岡田のタイムリーで1点を先制します。今井からすればちょっと不運な失点となりましたが、2回以降はフォアボールで塁上を賑わせるものの、ヒットは福田の2本しか許さず、結局6回を4安打1失点に抑えました。もちろん5四球1死球は褒められたものではありませんが、もう今井のピッチングはこういうものだと考えているので、そこはマイナス評価しないことにしますw

ライオンズは3回に柘植のホームランで逆転し、4回にはブランドンのタイムリーで1点を追加しました。これだけ打てる若手がいるのですから、キャッチャーを併用したり、明らかに本調子ではない中村を使い続けたりしないでいただきたいのですが、どうせ監督は明日になったら忘れているんだろうなぁ……。

ライオンズは7回から継投に入り、2番手には武隈がマウンドに上りましたが、1アウト後に吉田正にホームランを浴びて1点差に追いつかれます。ここで右バッターが続くところで十亀にスイッチとなりましたが、杉本のスリーベース、T-岡田のタイムリーで同点となりました。

武隈はここまでよく頑張っているので責める気はありませんし、十亀も杉本のスリーベースは金子がまともに守っていればシングルで止められていた当たりだったので、かなり気の毒な失点になってしまいました。というか、脚力の差で誤魔化している部分もありますが、純粋な上手い下手で言ったら、金子の守備って木村より下手じゃないですかね? しかも抜かれたあとなぜか流してるし。

結局、8回9回は両チームのリリーフ陣が(塁を賑わせながらも)抑えて引き分け。平良の連続試合無失点は37試合に伸びました。連投で明日はお休みでしょうから(休ませるよな?)、日本記録チャレンジは来週になりそうです。

2021/06/25(金)逆転勝ちで5割復帰

2021/06/25 21:40
【オリックス vs 埼玉西武 第10回戦】
(2021年06月25日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 1 2  3
オリックス  0 1 0  0 0 0  0 0 0  1

[勝] 高橋  6勝3敗0S
[S] 平良  1勝0敗9S
[敗] 平野佳 0勝2敗9S

[本塁打]
  2回裏 伏見  2号 ソロ (高橋)

ライオンズ先発の高橋は立ち上がりは良くなかったように見えましたが、中盤以降立て直してくれたと思います。8回を投げて伏見の一発のみの1失点に抑えました。3回の2アウト満塁をどうにかしのいだのと、6回、8回にピンチが広がる前にゲッツーで芽を摘めたのが大きかったと思います。

対するバファローズ先発の山本も、それほどいいようには見えませんでした。まぁ、良くないとは言ってもそこは山本由伸なわけで、4回の1アウト一三塁のチャンスも、ギアを上げられて山川、スパンジェンバーグを連続三振で無得点。それ以降はチャンスも作れずに7回をゼロに抑えられます。

8回はバファローズ2番手のヒギンスが登板し、あっさりと2アウトにされますが、そこから金子、源田の連続フォアボールでチャンスを作ると、栗山のタイムリーで同点に追いつきました。

さらに9回、クローザーの平野佳を攻め、山川のタイムリーツーベースで勝ち越しに成功すると、スパンジェンバーグのタイムリースリーベースでもう1点を追加し、平野を引きずり下ろしました。ただ、このあと変わった能見に3者連続三振はいただけません。三塁ランナーがスパンジーなので、外野フライでも、場合によっては内野ゴロでも良かったのに。

結局、9回は平良が杉本をデッドボールで出塁させながらもゼロで抑えてゲームセット。8回2アウトの時点では完全に負けを覚悟していたのですが、そこからよくひっくり返してくれました。これで再び5割復帰です。

2021/06/24(木)メットライフドームに行ってきました

2021/06/24 23:33

20210624-01.jpg

【埼玉西武 vs 東北楽天 第10回戦】
(2021年06月23日/メットライフドーム)

東北楽天  2 0 0  1 0 0  2 1 0  6
埼玉西武  1 1 0  2 0 0  0 0 0  4

[勝] 田中将 3勝4敗0S
[S] 松井  0勝2敗19S
[敗] 渡辺  0勝1敗0S

昨日は自分への誕生日プレゼントということでメットライフドームに行ってきました。

ライオンズ先発の佐々木は、プレイボールから2球で1点を先制されるなど苦しいピッチングで、4回を投げて8安打3失点で降板しました。先発で少し抑えていた部分はあるにしろ、ストレートが140キロちょいというのはやはり物足りなく、ルーキーに多くを望むつもりはありませんが、絶対的な変化球があるわけでもないので、もう一段ストレートを磨かないと一軍の先発でやっていくのは厳しいのではという印象を受けました。

打線は初回に栗山のタイムリー、2回に金子のタイムリーで追いつき、勝ち越された直後の4回には愛斗のタイムリースリーベースと柘植のタイムリーで逆転に成功します。佐々木が降板したあと、2番手水上、3番手十亀、4番手武隈とつないで6回まではリードを守って試合を進めましたが、5番手の渡辺が大乱調でした。

先頭の鈴木大を源田の好プレイでアウトにしたものの、浅村フォアボール、島内レフト前ヒットでピンチを招くと、岡島の2点タイムリースリーベースで逆転を許します。さらに2つのフォアボールで1アウト満塁となりましたが、田中和、太田をうちとって、ここは何とかしのぎました。

8回にさらに1点を追加され、2点ビハインドで迎えた9回裏。1アウトから愛斗が出塁し、柘植のところで代打メヒアが起用されますが、変化球にタイミングが合わずに三振。最後は金子がセカンドゴロに倒れてゲームセットとなりました。

負け投手は渡辺で、実際褒められた内容ではなかったのですが、まだまだこれからの選手ですし、これも経験のうちだと思います。そんなことより、あんなにヘロヘロだった田中から4点しか取れなかった打線のほうが問題かと思います。山川さんにはそろそろ目を覚ましてほしいのですが。

9回の代打メヒアの采配もよく分からなくて、もちろん松井との相性があるので起用自体は悪くないのですが、出すのであれば9番の柘植ではなく次の金子のところでしょう。次が金子なら、たとえ同点のランナーを出すことになってもフォアボール覚悟で変化球攻めをしてくるに決まっています。怪我があって実際の代打起用は難しかったとしても、せめてネクストで森を見せるくらいの狡猾さが欲しかったです。

これでライオンズはふたたび借金生活に逆戻り。まぁ、そんなことは大したことではなくて、これだけ同じチームに負け続けることのほうが問題なので、次の対戦までには対策を練っていただきたいと思います。

2021/06/23(水)44歳になりました

2021/06/23 23:41

竹達彩奈さん、お誕生日おめでとうございます。

……という恒例の挨拶も11回目となりましたが、竹達さんより一回り上の私は44歳になりました。

今日は自分への誕生日プレゼントということで、メットライフドームのバックネット裏(といっても、だいぶ外側ですけど)で観戦してきました。

ただ、スポーツの良くないところは、見にいったからといって必ず楽しめるわけではないところで、詳細は明日改めて書きますが、非常にストレスがたまる負けを見せられてしまいました。まぁ、東北のチームに負けるだけで不愉快極まりないので、対戦カード的に「ストレスのたまらない負け方」はありえないのですが。

ちなみに、ストレスを発散するには食しかないということで、普段の球場観戦以上にリミッターを解除して食べまくったので、たぶん明日の朝に体重計に乗ったときに後悔すると思います。

そんなこんなで、今日一日だけを見れば散々ではあるのですが、特に大きな病気もなくこの日を迎えられたことは喜ばしいことだと思っています。来年の誕生日も笑顔で迎えられるように精進していく所存です。そして、このブログをご覧のみなさまにとっても、次の一年が良いものでありますように。

2021/06/22(火)平良、パ・リーグ記録の35試合連続無失点

2021/06/22 22:33
【埼玉西武 vs 東北楽天 第9回戦】
(2021年06月22日/メットライフドーム)

東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武  0 0 0  2 0 0  0 0 X  2

[勝] 松本 6勝3敗0S
[S] 平良 1勝0敗8S
[敗] 岸  3勝5敗0S

[本塁打]
  4回裏 愛斗  8号 2ラン (岸)

今日は松本のピッチングに尽きるでしょう。8回を投げきって4安打無失点。ストレートには威力がありましたし、左バッターのインコースのカットボールが特に効果的だったように見えました。4四球ではあるのですが、開幕直後の逃げ腰のピッチングではありませんし、あれだけポンポンと投げて歩かせるのならそれはそれでいいのかなとw もう今井と松本は2イニングに1個程度ならフォアボールは仕方がないと思って見ていますw

打線は何度もチャンスを作りながら、あと一本が出ない状況が続きました。4回に愛斗の完璧なホームランがありましたが、きっちり攻めていれば5、6点は取れた試合だったと思いますし、相手ピッチャーがあいつだったので実際にそのくらい点を取ってほしかったと思います。いいところで打てなかった4番山川、5番栗山はしっかり反省してもらいたいと思います。

9回は平良がマウンドに上り、浅村、島内を打ち取ってあっさり2アウトとしましたが、カスティーヨをサードゴロエラーで出塁させたあと、茂木のヒットで一三塁の大ピンチを迎えます。しかし、最後は岡島をファーストゴロに打ち取りゲームセット。ようやくイーグルス戦の今季初勝利を挙げるとともに、平良の連続試合無失点がパ・リーグ記録の35試合まで伸びました。おめでとうございます。今日は1点は覚悟したのですが、よく抑えてくれました。

さて、これでライオンズは5割復帰です。明日の予告先発はライオンズがプロ初先発となる佐々木、イーグルスは田中です。さすがに今日勝っておいて良かったという感じのマッチアップになりましたが、野球は何が起こるか分かりませんから、いい試合を期待しつつ、現地で観戦してきます。

OK キャンセル 確認 その他