2018/05/11(金)大敗

2018/05/11 22:54
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第7回戦】
(2018年5月11日/メットライフドーム)

千葉ロッテ  0 8 0  0 0 3  0 1 0  12
埼玉西武   2 0 0  1 0 0  0 0 0   3

[勝] 涌井 3勝3敗0S
[敗] 佐野 0勝1敗0S

[本塁打]
  1回裏 浅村     8号 2ラン (涌井)
  2回表 ドミンゲス  1号 3ラン (佐野)
  4回裏 浅村     9号 ソロ  (涌井)

回ってきた先発のチャンスで逃げ腰のピッチングしかできないピッチャーには失望させられました。点を取られるのは仕方がない。相手が涌井なのだから投げ負けるのも仕方がない。でも戦う姿勢を見せられないのならば、二度と一軍には戻ってこないでください。

2番手の伊藤は3回1/3を1失点と好投。相手打線が完全に勢いづいていた2回にいきなりツーベース2本を浴びて失点しましたが、それ以降はヒットを許しませんでした。最初から伊藤を先発させておけば良かったのでは……。

4回裏に浅村の今日2本目のホームランで5点差に詰め寄り、ライオンズ打線ならワンチャンありそうな展開になりましたが、3番手の小石が炎上して3失点。ここでゲームが完全に決まった感があります。ヒースさん、早く来てくれないですかねぇ……。

結局、8回にも1点を失って3-12の大敗。今シーズン初めての3連敗となりました。打線も少し調子が落ち気味かなという感じではありますが、明日は多和田、あさっては榎田と安定しているピッチャーが続きますので、週末で巻き返したいところです。

2018/05/10(木)デュアンテ・ヒース投手を獲得

2018/05/10 22:14

ヒース投手、ライオンズへようこそ。

西武がBC富山のデュアンテ・ヒース投手獲得を発表 - プロ野球 : 日刊スポーツ

単純にウルフが時間がかかるからその穴埋めなのかとも思いましたが、ナベQの「ピッチャーは何人いてもいい」「起用法は現場の判断」という発言からすると、特にそういうつもりではなく、純粋な補強のようです。

先発、リリーフのどちらで投げるにせよ、心強い戦力になってくれそうです。ライオンズのフロントもようやく真剣に優勝を狙う動きをし始めましたね。やっぱサーベラスってクソだわ。

ところで、パドレス傘下のエルパソにマキタという日系の選手がいるんですが、ピッチングのテンポも良くて非常に日本向きのピッチャーだと思うんですよね。獲得できないですかね?

2018/05/09(水)あきれて物も言えない

2018/05/09 23:57
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第6回戦】
(2018年5月9日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  0 1 0  0 0 1  1 0 0  3
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 石川 5勝1敗0S
[S] 森  0勝1敗6S
[敗] 十亀 2勝4敗0S

[本塁打]
  2回表 松田  7号 ソロ (十亀)
  6回表 上林  3号 ソロ (十亀)

で、十亀は松田に何か弱みでも握られてるの?

2018/05/08(火)完封負け

2018/05/08 23:17
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第5回戦】
(2018年5月8日/埼玉県営大宮公園野球場)

福岡ソフトバンク  0 0 0  0 0 0  0 4 1  5
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 千賀   2勝1敗0S
[敗] ワグナー 2勝1敗0S

[本塁打]
  9回表 柳田  9号 ソロ (平井)

ライオンズ先発のカスティーヨは6回1/3を投げて無失点。たびたびピンチも迎えましたが、よく踏ん張ってくれました。いつもはランナーが出ると球が上ずるのですが、今日はそこまででもありませんでした(まったくなかったわけではありませんが……)。

打線も千賀の前に抑えられ、0-0で迎えた8回表、ノーアウト一三塁から、外崎のタイムリーエラーで先制を許すと、松田の犠牲フライ、高谷の押し出しフォアボール、上林のタイムリーで一挙4点を失い、9回には柳田のホームランで駄目を押されました。今シーズン初めての完封負けです。

雨の中、無理矢理試合を続けた感のあるゲームで、外崎のエラーも難しい守りではあったと思います。仕方ないで済ませてはいけないのですが、ホームが人工芝だとこういう打球の経験を積むのも難しく、どうすればいいんでしょうね、本当に。

2018/05/07(月)移動日

2018/05/07 21:54

QMAはドラゴンとフェニックスを行ったり来たりといった感じで、非常に厳しい状況が続いています。まだドラゴンで1勝もできていないので、そろそろ勝ちたいところではあるのですが……。

★は自分が投げる可能性があるのものに加えて、芸能、社会、文系学問が埋まったところ。あとはサッカーやグル生など、ピンポイントで苦手なランダムはあるものの、どうしようもないジャンルはなくなったので、引き続き埋めて行きたいと思いますが、バージョンアップの度に繰り返す必要があるこの無駄な時間はどうにかならないんですかね……。時間は有限なのですから。

野球のほうは、ライオンズが30試合を消化したところで23勝7敗という圧倒的な成績を残しており、2位ファイターズに6ゲームの差をつけて首位を快走しています。もちろん、我々訓練されたライオンズファンとしては、このくらいではまだ油断はしませんが、現時点では素直に喜んでおくことにします。

明日からはホークス2連戦。明日の予告先発はライオンズがカスティーヨ、ホークスが千賀と発表されていますが、明日も雨は続きそうですし、開催はちょっと微妙なところですね。チケットは完売しているようなので、営業的にはやりたいところだと思いますが……。

2018/05/06(日)9連戦を7勝2敗と大きく勝ち越し

2018/05/06 21:46
【東北楽天 vs 埼玉西武 第9回戦】
(2018年5月6日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 6  3 0 0  0 2 0  11
東北楽天  0 0 0  0 0 0  0 0 0   0

[勝] 榎田 3勝0敗0S
[敗] 藤平 1勝3敗0S

[本塁打]
  3回表 秋山  5号 ソロ  (藤平)
  3回表 浅村  7号 2ラン (藤平)
  3回表 栗山  2号 3ラン (藤平)

ライオンズ先発の榎田が6回を投げて4安打無失点。打線の大量援護にも支えられ、移籍以降負けなしの3連勝となりました。ピンチは5回の1アウト二三塁くらいだったでしょうか。チェンジアップがいいところに決まっていて、炭谷もリードしていて楽しかったと思います。こんないいピッチャーが二軍でくすぶってたというのがちょっと信じられません。

打線は3回に3本のホームランで一挙に6点を先制し、4回の3点で駄目を押した感があります。大阪では少し元気がなくなった打線も、また少し上向きになってきたようです。今日試合に出ていないメヒアも調子は良くなっていますしね。あとは金子侑だけなんだよなぁ……。

6回で榎田が降板したあと、2番手は伊藤が投げましたが、今日は2イニング6人をピシャリと抑えました。完璧に抑えたのは初めてじゃないかな? 伊藤は二軍ではもう学ぶことがないピッチャーだと思いますし、こういう試合展開になれば登板の機会も増えてくるでしょう。いつまでも打線の好調が続くわけもないので、経験を積めるうちにどんどん投げてほしいと思います。

さて、今日の試合で浅村が1000試合出場を達成。おめでとうございます。若い若いと思っていたのですが、もう10年目なんですよね。今後もチームを引っ張っていって、2000試合出場もライオンズで迎えてくれると嬉しいです。

2018/05/05(土)多和田、開幕から負けなしの6連勝

2018/05/05 23:03
【東北楽天 vs 埼玉西武 第8回戦】
(2018年5月5日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 3 4  0 1 0  0 2 0  10
東北楽天  0 1 2  0 0 1  0 0 0   4

[勝] 多和田 6勝0敗0S
[敗] 則本  2勝3敗0S

[本塁打]
  3回表 森   3号 ソロ  (則本)
  3回表 木村  1号 2ラン (則本)
  5回表 秋山  4号 ソロ  (久保)

ライオンズは2回、木村のショートへのタイムリー内野安打、秋山のセカンドゴロの間、源田のショートへのタイムリー内野安打で3点を先制。その裏に1点を返されますが、3回に森のホームラン、木村のホームラン、源田のタイムリーツーベースで4点を追加して突き放します。5回には秋山のホームラン、8回に森のタイムリーと木村の押し出しで駄目を押しました。

投げるほうでは、先発の多和田が6回途中まで8安打4失点(自責点3)。あまり良い内容とは言いがたいピッチングでしたが、先月は頑張りましたし、中5日ということもありますから、たまにはこういう日があってもいいでしょう。これで多和田は6戦負けなし。去年の勝利数を早くも上回るとともに、ハーラーダービー単独トップに立ちました。

打つほうは昨日に引き続き木村が大活躍で、ホームランを含む4打数3安打4打点。これはしばらくライト固定でいいんじゃないでしょうか。こうやって突き上げがあれば、金子侑もうかうかしていられなくなりますしね。

2018/05/04(金)木村の足で決勝点

2018/05/04 23:16
【東北楽天 vs 埼玉西武 第7回戦】
(2018年5月4日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 2  0 1 2  0 0 1  6
東北楽天  0 0 0  4 0 0  1 0 0  5

[勝] ワグナー 2勝0敗0S
[S] 増田   0勝0敗6S
[敗] 松井   0勝3敗2S

[本塁打]
  4回裏 アマダー  5号 2ラン (菊池)
  5回表 秋山    3号 ソロ  (塩見)
  7回裏 茂木    2号 ソロ  (菊池)

私は日刊スポーツを購読しているのですが、さすがに2、3面のカラーでこの見出しは吹きました。

20180504-01.jpg

ちなみにWeb版でも記事が公開されていますので、細かいところはそちらをご覧ください。

さて、なんJ民に媚びたスポーツ紙の話は置いておいて、今日の試合です。

ライオンズは3回に山川のタイムリーツーベースで2点を先制。菊池も3回までパーフェクトピッチングで、これはいい展開で試合を進められるかと思いましたが、4回に突然崩れました。

1アウトからペゲーロ、銀次の連打で二三塁とされると、ウィーラーのショートゴロの間に1点を失います。このときセカンドランナーの銀次をアウトにしたので2アウト一塁となり、いったんはピンチを脱したかと思いましたが、ウィーラーに盗塁を許したあと、今江のレフト前タイムリーで同点。普通のレフトなら刺せる位置の打球でしたが、久しぶりに栗山のお嬢様バックホームが炸裂しました。まぁ、今はこれを覚悟の上でレフトに起用していると思うので、仕方がない部分ではありますが。

さらに、ライオンズとしては同点で止めたいところではありましたが、アマダーのホームランが飛び出して一挙に勝ち越しを許してしまいました。しかし、直後の5回、ライオンズは秋山のホームランで1点を返し、6回に栗山の2点タイムリーで再逆転。今年の栗山は本当に頼りになります。

5回以降は立ち直った菊池でしたが、7回、茂木に一発を浴びて試合はまたも振り出しに。この直前に渡辺直の打球をライト木村が超ファインプレイでアウトにしていましたが、それがなければ逆転の一発となっているところでした。

9回表、先頭の炭谷は三振に倒れますが、続く木村が二遊間を渋く破るヒットで出塁。秋山は三振に倒れますが、続く源田の打席で木村が走って2アウトながら二塁に進みます。源田は1-2から空振り三振……でしたが、投球はワンバウンドして一塁方向に大きく跳ねて振り逃げ。さらに足立がボールを見失って処理にもたつく間に木村が一挙にホームイン。これが決勝点になりました。

ライオンズは2連敗のあと2連勝で再び貯金14に。さらにゴールデンウィーク9連戦の勝ち越しも決めました。ビジターが6試合だったので、これで最低限のノルマは達成と言っていいと思いますが、明日は5戦負けなしの多和田、あさってはおそらく先発2戦負けなしの榎田ですから、もう少し白星を積み重ねたいところではあります。

2018/05/03(木)ようやくクラシックユニ初勝利

2018/05/03 21:07
【オリックス vs 埼玉西武 第6回戦】
(2018年5月3日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  1 0 2  2 3 0  8
オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 十亀 2勝3敗0S
[敗] 金子 0勝4敗0S

[本塁打]
  4回表 山川 12号 ソロ  (金子)
  8回表 岡田  1号 3ラン (小林)

ライオンズ先発十亀、バファローズ先発金子とも、序盤は素晴らしいピッチングでした。ライオンズが4回に山川のホームランで1点を先制するものの、5回まで打ったヒットはこの1本だけ。十亀も初回先頭の吉田正にヒットを許したあとは、6回まで一人のランナーも許しませんでした。

試合が動き出したのは6回。1アウト満塁のフルカウントから、山川が三遊間を鋭く破って2点を追加。この回はこの2点止まりだったものの、7回に秋山のタイムリーツーベース、源田のタイムリースリーベースで2点を追加します。しかし、ライオンズファンは源田の打球が前進守備のレフトの頭を越えたり、前進守備の左中間を破る光景を何度も見ているので、1点を争う場面でもないのになぜ前進守備を敷くのか理解できないのですが、なんかそういうデータでもあるんですかね……。

そして、トドメは8回、岡田の3ランホームランが飛び出して8-0。これで勝負は決まりました。岡田のホームランは実に3年ぶりです。

十亀は7回まで投げて2安打無失点で今シーズン2勝目。チームの連敗も自身の連敗も止めました。来週のホークス戦は真価を問われる試合になると思いますので、いいかげん松田をしっかり抑えてください。

8回は伊藤がランナーを出しながらもゼロで抑え、9回は久しぶりの登板となる松本が三者凡退のピッチング。楽な場面ではありましたが、クリーンアップ(ロメロはもう引っ込んでいましたが)をきっちり抑えた松本は期待が高まります。次はもうちょっと厳しい場面でも見てみたいですね。

2018/05/02(水)逆転負け

2018/05/02 22:20
【オリックス vs 埼玉西武 第5回戦】
(2018年5月2日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   4 0 0  1 0 0  0 0 0  5
オリックス  0 0 0  5 0 0  1 0 x  6

[勝] 吉田一 1勝1敗0S
[S] 増井  1勝0敗6S
[敗] 平井  0勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 メヒア   1号 ソロ  (ディクソン)
  4回裏 マレーロ  8号 2ラン (カスティーヨ)
  7回裏 ロメロ   4号 ソロ  (平井)

5点のリードをひっくり返されて逆転負け。これまでのパターンから見て、カスティーヨはランナーを出すと崩れるのか、極端にスタミナがないのか、そのどちらかだと思っていたのですが、どうやら前者のようですね。克服してもらわないと困るのですが、これって土肥コーチの指導でどうにかなるものなんですかねぇ……。

打つほうではこのところ調子を上げてきたメヒアに待望の一発。ようやく、という感じではありますが、まずは一安心です。暖かくなってくるので、これからもっともっと調子を上げていって欲しいと思います。ただ、そうなると炭谷マスクの試合でのDHをどうするかが悩みどころですね……。まぁ、嬉しい悩みではあるのですが。

OK キャンセル 確認 その他