2019/07/06(土)2位浮上

2019/07/06 23:15
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第13回戦】
(2019年7月6日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   1 1 0  3 0 0  0 0 0  5
千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 本田 4勝3敗0S
[敗] 涌井 3勝5敗0S

[本塁打]
  1回表 秋山 13号 ソロ (涌井)

本田の粘り強いピッチングが光りました。毎回のようにランナーは許しながら、かといって1イニングに2人以上出したのは初回と降板した8回だけで、7回1/3を無失点。球数はちょうど100球ということで、8回を無事に抑えていれば完投、完封も見えてくるところでしたが、それは次回以降のお楽しみに取っておきましょう。スタミナには不安があっても、これだけ早いカウントで勝負できるのであればまったく気になりません。松本航もこのピッチングを参考にして欲しいと思います。

打線は秋山の初回先頭打者ホームランで先制し、その後はレアードの2つのエラーにつけ込んで序盤で5得点。中盤以降は涌井が立ち直りましたが、バタついている間にこれだけ点を取れたのは大きかったと思います。

また、昨日に続いて9番レフトでスタメン出場した鈴木ですが、4回のセカンドゴロの間に三塁ランナーが生還してプロ初打点。さらに9回の第4打席ではショートへの内野安打を放ちプロ初安打。守備でもいいプレイがありましたし、記憶に残るゲームになったのではないかと思います。おめでとうございます!

さて、イーグルスが敗れたため、ライオンズは代わって2位に浮上しました。とはいえ、その上が6.5ゲームもあるのですが……。

2019/07/05(金)左右病によく効く薬をご存じありませんか?

2019/07/05 23:46
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第12回戦】
(2019年7月5日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   0 0 0  0 0 1  0 1 0  2
千葉ロッテ  0 0 0  0 0 1  0 3 x  4

[勝] 二木 6勝5敗0S
[S] 益田 2勝4敗16S
[敗] 今井 5勝7敗0S

[本塁打]
  8回表 栗山  4号 ソロ (二木)

選手たちの頑張りを首脳陣が台無しにしたゲームでした。

1点リードの8回裏、今井が続投したのはギリギリ理解できないでもありませんが、1アウト一二塁とピンチになったあと左対左という理由だけで武隈を挟み、さらに傷口を広げてから平井にスイッチしたのは理解も擁護もできません。首脳陣はもう少し頭を使って采配を振るってほしいと思います。

2019/07/05(金)連敗ストップ

2019/07/05 23:25
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第15回戦】
(2019年7月4日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 3  0 0 0  5 0 0  8
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 1 1  2

[勝] ニール 3勝1敗0S
[敗] 吉川  0勝1敗0S

昨日の試合から。

ニールが6回2安打無失点の好投。打線も3回に外崎の満塁走者一掃タイムリーツーベースで先制し、7回に中村の満塁走者一掃のタイムリーツーベースで駄目を押しました。連敗ストップです。ただ、結果的には得点に結びつきましたが、3点リードの7回のノーアウト一二塁から好調外崎に送りバントはちょっと意味がわかりません。山川を敬遠して満塁の中村勝負を選ぶというファイターズの采配ミスに救われましたが、こんなことを繰り返していたらいずれ入る点も入らなくなると思うんですが……。

さて、これで今シーズンのファイターズ戦の残りはメットライフドームと釧路、帯広だけになりました。オールスター前なのにもう札幌ドームの試合は残っていません。ここ3年くらい、カードの組み方がちょっとおかしくないですか?

2019/07/04(木)ラストスパート

2019/07/04 24:36

まだ具体的には言えないプロジェクトのラストスパートに向けての打ち合わせが終了。明日はお休み(と言っても完全フリーではないのですが)を取ったので、この3日間が勝負になります。そして再来週はろくに準備もできずに賢竜へw

ライオンズは連敗を止めたようで何よりです。今日はもう遅いので戦評は明日書きます。おやすみなさい。

2019/07/03(水)優柔不断

2019/07/03 24:11
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第14回戦】
(2019年7月3日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  2 1 0  0 0 0  3
北海道日本ハム  0 0 1  4 0 0  0 0 x  5

[勝] 玉井  1勝1敗0S
[S] 石川直 1勝2敗3S
[敗] 十亀  3勝3敗0S

十亀は序盤は悪いなりに踏ん張っていたのですが、味方が逆転した直後の4回に崩れました。渡辺、宇佐見の連打のあと、清水のピッチャーゴロを十亀が十亀してノーアウト満塁。石井のタイムリー、西川の2点タイムリーツーベース、杉谷のセカンドゴロの間の1点で一気に逆転を許しました。

2番手以降の武隈、森脇、ヒースがほぼ完璧なピッチングでしたが、打線は反撃できず、この3連戦の負け越しが決まりました。

打線は4回にノーアウト一二塁から中村の2点タイムリーツーベースで一時は逆転しましたが、栗山ピッチャーゴロ、愛斗ファーストゴロゲッツーで追加点はなりませんでした。ポイントはここでしょう。ホークスとは5.5ゲーム差まで開きましたので、そろそろ勝つための決断か、育成するための決断をしてくれませんかね……。どちらの決断でも7番DHには今日までと違う選手が入るはずだと思いますが。

2019/07/02(火)炎上

2019/07/02 23:35
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第13回戦】
(2019年7月2日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
北海道日本ハム  0 8 0  1 0 0  0 0 x  9

[勝] 加藤  4勝4敗0S
[敗] 高橋光 7勝5敗0S

[本塁打]
  7回表 外崎 15号 ソロ (西村)

中日「サウスポー」応援歌休止で球団代表が状況説明 - プロ野球 : 日刊スポーツ

普段は野球を観ていないであろう連中が言葉狩りだ何だと騒いでいますが、応援される側が嫌なのであれば変えるべきでしょう。これまでも選手側からの要望で応援歌が変わった例は枚挙に暇がありません。応援される側が嫌だったらそれは応援でも何でもねーんだよ。

監督も「選手の名前に変えられないか」と提案しているようですし、そのあたりに落ち着くのではないでしょうか。いい形で決着してほしいと思います。

……試合? 大炎上した高橋光は次こそは頑張ってねという感じですが、試合が壊れたあとの愛斗に代打木村は監督の正気を疑いますし、怒りをこらえるのが精一杯です。

2019/07/01(月)移動日はネタに困る

2019/07/01 22:25

今日は風邪をひいて寝込んでいました。病気で有給を使うと損した気分になりますねw

「ライオンズ チームストア フラッグス」オープン記念 新商品情報第1弾! G-SHOCK&オリジナルキャリーケース発売|埼玉西武ライオンズ

このキャリーケースはいいですね。私の生活の中で32リットルのキャリーケースを使う場面がなさそうなので購入は見送りますが、こうやって日用品にどんどん攻めてくるのはありがたいことです。

腕時計は昔大量に売れ残ったのに、なんで復活させたんでしょう……。

2019/06/30(日)ホームに返さなければ失点ではない

2019/06/30 20:42
【埼玉西武 vs オリックス 第12回戦】
(2019年6月30日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 2  0 1 0  0 0 0   3
埼玉西武   0 0 2  2 0 0  3 4 x  11

[勝] 松本航  4勝1敗0S
[敗] K-鈴木 1勝5敗0S

[本塁打]
  8回裏 外崎 14号 2ラン (吉田凌)
  8回裏 森   7号 2ラン (吉田凌)

交流戦明け最初のカードを勝ち越し。いい形でビジター9連戦に臨めそうです。

ライオンズ先発の松本航は5回を投げて10安打を浴びながら3失点でしのぎました。悪いなりにしのいだところは評価したいと思いますが、これまでのゲームも勝ってはいても安定しているとは言い難いピッチングなんですよねぇ。もう少しできるはずの選手だと思うのですが。まぁ、ルーキーに求めすぎなのかもしれませんが。

打つほうは10安打11得点という効率の良い攻撃でバファローズを圧倒しました。ヒットの本数はバファローズのほうが16本と上回っていたのですが、よくこれで3点で収まったものだなとw

このところ調子が落ちている山川も、ヒットこそありませんでしたが3フォアボールと、少し我慢できるようにはなってきたかなという印象です。さすがに一年通してずっと打ち続けるというのは不可能なので、去年のように強引なバッティングを繰り返してどん底の状態を長引かせるようなことだけは避けてもらいたいのですが、どうやらその心配はなさそうです。

そして7番の栗山は3の0でついに2割5分を割り込みました。さすがにホームランを打てないDHで2割5分を切ると厳しい。もちろん、ほかに2割5分を打てる選手もいなそうなのですが、だったら宝くじ期待でメヒアとか、森をDHにして休ませつつキャッチャー岡田とか、中村をDHにして休ませつつサード佐藤とか、いろいろオプションもあると思うのですが……。

2019/06/29(土)本田、2ヶ月ぶりの白星

2019/06/29 24:05
【埼玉西武 vs オリックス 第11回戦】
(2019年6月29日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
埼玉西武   2 0 1  0 0 3  0 1 x  7

[勝] 本田 3勝3敗0S
[敗] 榊原 3勝4敗0S

[本塁打]
  6回裏 金子侑  1号 2ラン (成瀬)

今日は本田のピッチングに尽きます。6回を投げて2安打無失点。特にストライクゾーンを広く使って中川を2打席抑え込んだのはいい攻めだったと思います。球数が83球ということで、もう1イニングくらい行けるかなとは思いましたが、6回裏に3点入りましたが表が終わった時点では3点差でしたし、ある程度納得の行く継投ではあります。

打つほうでは源田が大当たりでした。先制のタイムリースリーベースに始まり、センター前ヒットが2本とレフトへのポテンヒットがツーベースになってサイクルリーチ。ホームランの期待がかかる8回の第5打席はセカンドゴロでしたが、調子を取り戻しつつあるのは頼もしいです。

下位打線の愛斗は1安打でしたがその1本がタイムリー、金子侑は今シーズン初ホームラン。今までは下位打線は自動アウトでしたが、この打順で当たりが出てくるようになれば得点力が一気に上がってきますし、相手の投手継投を難しくしますので、二人にはこの調子で頑張ってほしいと思います。

2019/06/28(金)リーグ戦再開

2019/06/28 22:37
【埼玉西武 vs オリックス 第10回戦】
(2019年6月28日/メットライフドーム)

オリックス  1 0 0  0 0 0  0 0 3  4
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 山本 4勝3敗0S
[敗] 今井 5勝6敗0S

[本塁打]
  9回表 後藤  1号 3ラン (ヒース)

今井はよく投げてくれたのですが、山本がそれを上回りました。5安打完封負けです。

2回の1アウト一二塁のチャンスは栗山がセカンドゴロゲッツーで逸し、3回のノーアウト満塁のチャンスは源田三振、外崎ライトファウルフライのときに愛斗がタッチアップ失敗で得点ならず。4回以降はチャンスどころかろくにランナーも出せませんでした。

OK キャンセル 確認 その他