2020/11/13(金)戦力外

2020/11/13 21:28

昨日時点では「野田は首の皮一枚つながった」と思っていたのですが、ぜんぜんつながっていませんでしたね……。

西武野田、国場、永江、森越、水口が戦力外通告 - プロ野球 : 日刊スポーツ

野田は二軍暮らしの間にどんどんフォームがおかしくなってコントロールが悪くなっていったので、杉山や清川ではない真っ当な投手コーチに矯正してもらえれば復活できるかもしれません。というか、なぜ杉山や清川の首が飛ばないのか。

国場はぶっつけ本番とまでは行かないまでも、怪我から復帰して満足に調整できないうちに一軍に上げられて大炎上したので、少し可哀想なところもありますが、これ以上上積みはないとの判断なのかもしれません。敗戦処理であれば田村ががっちりとそのポジションを確保しましたし。

永江は出てきたときはかなり期待したのですが、いつまで経っても打撃が改善せず、怪我をしたあとは守備もパッとしない感じで、今のライオンズの内野に割って入るのは相当厳しいかと思います。

森越は二軍を回すために獲得したような形になってしまって少し申し訳ない感じもしますが、今のライオンズに必要かと言われると戦力外でも仕方がないかなという印象です。

水口は頑張ってくれたとは思いますが、ライオンズの「強く振る」という指導が合わなかったのだろうなと思います(これは選手に合わせた指導ができないコーチの側にも問題がありますが……)。まぁ、本人も「強く振る」と「大振りする」を勘違いしていた節もありますが。

2020/11/12(木)首の皮一枚

2020/11/12 22:37

佳村はるかさんの旦那さんを晒すのはやめてさしあげるんだ。

西武増田、野田、中村が小児医療施設へ支援の寄付 - プロ野球 : 日刊スポーツ

中村の79万円というのは大きな金額ではありますが、おそらく本人がシーズン前に想定していた額をかなり下回っていると思います。来年はもっともっと寄付できるように体調を万全にして欲しいと思います。また、増田にはライオンズに残ってもらって、来年以降も同様の取り組みを続けてほしいものです。

野田さんは……来年も続けられるといいですね……と思ったのですが、本人のツイートを見ると来年の話に触れられていて、本当に戦力外だとするとさすがにもう話くらいは聞いていると思われるので、首の皮一枚つながったのかもしれません。

2020/11/11(水)GAME SPOT21閉店

2020/11/11 22:52

さすがに衝撃が走りましたね……。

2005年4月に転職し、それからしばらく新宿を経由して目黒に通勤していたので、QMA2~3のころは仕事帰りに毎日のように通っていました。QMA2は私が一番廃人だったころなので、かなり売り上げに貢献していたと思います。何しろ当時は200/100でしたしw

4あたりからアルファステーションまで足をのばすようになったので、それからはあまり行っていないのですが、かつてホームだったお店がなくなるというのはとても寂しいです。なんとなくあの店だけは絶対になくならないと思っていたのですが、さすがにそれは考えが甘かったようですね……。

自宅に近かったゲームインパラダイス向ヶ丘、コンピューターランド向ヶ丘、休日に少し足をのばして張り付いていた宝島町田店、タイトーイン町田中央、キャッツアイ町田店、それから前述のアルファステーションと、ホームにしていたゲームセンターはほとんど残っていません。エムエムランドもドンキホーテの出店予定地になっていることを根拠に閉店の噂がありますし。

今でも残っているのは現ホーム(というか平日の昼休みにしかやる余裕がない)のタイステ渋谷と、SPOT21の前のホームだったカプセル永山くらいですかねぇ。カプセルのほうは現在は午前中は営業していないみたいですし、系列のプレイランドカーニバルも閉店してしまうので、こちらもどうなるかはわかりませんが……。

2020/11/10(火)別れの季節

2020/11/10 22:28

秋は別れの季節です。

西武、内海、十亀らがフェニックス・リーグから帰京 選手入れ替えを発表|【西日本スポーツ】

人数の都合で一部のベテラン選手がフェニックスに派遣されていましたが、一軍のシーズンも終わってお役御免となりました。お疲れ様でした。今年のオフは短いですが、ゆっくり体を休めて来シーズンに備えてください。

また、ベテランではないのに呼び戻された面々は、全員が全員そうかはわかりませんが、まぁ、そういうことなのでしょう。

20201110-01.jpg

なお、この写真は先日メットライフドームに行ったときに回したガチャで当たったフラッグのミニチュアの写真です。思ったより出来が良かったので写真を撮っただけで、特に深い意味はありません。

2020/11/09(月)2020年シーズン終了

2020/11/09 22:16
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第24回戦】
(2020年11月09日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      0 1 0  0 0 0  0 1 0  2
福岡ソフトバンク  0 0 3  2 0 0  1 0 X  6

[勝] 石川  11勝3敗0S
[敗] 斉藤大 0勝1敗0S

[本塁打]
  3回裏 松田宣 13号 ソロ  (斉藤大)
  3回裏 柳田  29号 2ラン (斉藤大)

ライオンズ先発の高橋光は2イニングを投げて規定投球回に乗ったところでお役御免。2番手斉藤大が炎上して今シーズン最終戦は黒星となり、58勝58敗4分の勝率5割でシーズンを終えることになりました。

リリーフ陣は整備できたものの、まともな先発は高橋光だけ。野手でも本来の力を発揮できたのは栗山と源田くらいのもので、そう考えると5割の3位というのはよくやったと言えなくもありません。あ、木村さんも本来の力を発揮していましたね。

詳細なシーズン振り返りは後日改めてということにして、ひとまずは選手のみなさん、大変なシーズンでしたがお疲れ様でした。最後はちょっと夢が見られて楽しかったです。

2020/11/08(日)終戦

2020/11/08 20:06
【千葉ロッテ vs 埼玉西武 第24回戦】
(2020年11月08日/ZOZOマリンスタジアム)

埼玉西武   0 2 0  0 0 0  0 0 0  2
千葉ロッテ  0 0 2  1 0 3  0 2 X  8

[勝] 岩下 7勝7敗0S
[敗] 松本 6勝7敗0S

[本塁打]
  4回裏 藤岡 4号 ソロ (松本)

千葉ロッテマリーンズの2位が確定し、CSへの進出を決めました。おめでとうございます。ライオンズファンとしては悔しくないことはないのですが、コロナ騒動がなければこんなに一気に差が縮まることはなかったでしょうし、収まるところに収まったのかなという感想です。CSも頑張ってください。

さて、明日はライオンズにとって今シーズンの最終戦となります。予告先発の高橋光はあと1回2/3で規定投球回に乗りますね。また、勝って終われば貯金2、負ければ5割なので、勝ったほうが見栄えはいいですねw

ともあれ、あさって以降、しばらくライオンズの試合は見られなくなるので、今年最後の観戦(といってもPCの前ですが)を楽しもうと思います。

2020/11/07(土)追いついただけでは駄目だった

2020/11/07 19:42
【東北楽天 vs 埼玉西武 第24回戦】
(2020年11月07日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  1 1 0  0 0 2  2 0 0  0  6
東北楽天  6 0 0  0 0 0  0 0 0  0  6

[本塁打]
  7回表 外崎  8号 ソロ (ジョンソン)

プレイボール時点で12人対8人で野球をやるような展開でしたが、今井と木村以外の選手は途中出場の面々も含めてよく頑張って追いつきました。しかし、今日の引き分けはCS争いという意味では比喩表現ではなく文字通り負けに等しい引き分けです(負けなくて引き分けで良かったとなるのは、今日かあさっての試合でマリーンズが引き分けるケースのみ)。

そういった意味では、勝ちのなくなった10回裏に増田の回またぎではなく田村や斉藤を投げさせていれば、辻監督を少しは見直したのですが、最近ようやく負けゲームで全力を出さないことを覚えたレベルの首脳陣ではそれは期待しすぎというものでした。

2020/11/06(金)一歩後退

2020/11/06 22:35
【東北楽天 vs 埼玉西武 第23回戦】
(2020年11月06日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 0 1  0 0 1  2
東北楽天  0 0 2  1 0 1  0 0 X  4

[勝] 岸  7勝0敗0S
[敗] 浜屋 3勝3敗0S

3回2アウトまではほぼ完璧だった浜屋ですが、今日が引退試合の渡辺直にツーベースを浴びてリズムを崩してしまいました。小深田、鈴木大のタイムリーで2点を先制されます。浜屋は4回、6回にも1点ずつ失い、トータルで6回4失点。

去年までのライオンズであれば6回4失点は先発として十分な結果と言えるのですが、残念ながら今年のライオンズはこの4点が非常に重いです。6回に外崎のタイムリー、9回に中村のタイムリーで2点を返しますが、結局そのまま岸に完投を許してしまいました。これでふたたびマリーンズと同率です。

振り返ってみると、9回表、源田、外崎連打のあとの栗山のゲッツーが非常に痛かったのですが、今日1試合駄目だっただけで栗山にどうこう言うつもりはありません。それよりも、3回の鈴木の当たりをタイムリーにしてしまった金子の守備がね……。手を抜いたわけでなく、何のミスもなくあの当たりに追いつけないのであれば、センター失格と言わざるを得ません。ここまで前後の動きが下手だとは思いませんでした。

……センター愛斗にして、金子をライトに回さない? というか、何で今日愛斗がスタメンじゃないの? どれだけヒットを打てばスタメンで使ってもらえるの? そんなに木村から高価なお中元もらったの?

2020/11/05(木)メットライフドームに行ってきました

2020/11/05 24:10

20201105-01.jpg

【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第24回戦】
(2020年11月04日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 0 2  0 0 1  0 0 0   3
埼玉西武     4 4 0  1 0 0  1 0 x  10

[勝] ニール 6勝8敗0S
[敗] 吉田輝 0勝2敗0S

[本塁打]
  2回裏 スパンジェンバーグ 15号 3ラン (吉田輝)
  3回表 野村         3号 2ラン (ニール)
  4回裏 外崎         7号 ソロ  (福田)

昨日は今シーズンホーム最終戦ということで、メットライフドームに行ってきました。

球場についた時点で1回裏の攻撃中、ご飯を買っている間に2回表になっていましたが、お店のテレビもありましたし、全ての得点シーンを見ることができました。というより、チケットを買ったのが本当にギリギリだったので、自分の座席よりテレビのほうがよっぽど見やすかったですw

試合のほうはライオンズの打線が久しぶりに火を吹きました。初回、外崎のレフト線ギリギリに落ちるラッキなータイムリーで先制すると、中村の押し出しフォアボール、スパンジェンバーグのタイムリー、木村の犠牲フライで4点を先制します。2回には源田のタイムリーとスパンジェンバーグのホームランでさらに4点を追加。序盤で勝負を決めてしまいました。

吉田をノックアウトした打線は2番手以降に抑えられましたが、それでも外崎のアップルパンチ、愛斗のタイムリーで二桁10点に到達。投げるほうでも、先発のニールから小川、平井、ギャレット、斉藤とつないでリードを守りきりました。マリーンズが敗れたために単独2位に浮上、そして東北の不愉快なチームも負けたので当該チームを上回ることも確定、すなわちAクラスが確定しました。

試合後はセレモニーの前に高橋朋己の引退の挨拶がありました。泣くまいと思っていましたが、Follow Meに合わせてピンクのタオルが揺れるレフトスタンドと、グラウンドに入ってくる背番号43を見たらもう無理でしたね……。

高橋は来年からはライオンズアカデミーで子供たちを教えるということで、怪我で苦しんだ経験もプラスにできる環境になると思います。いいコーチになってください。そして、しばらく経験を積んだらライオンズに戻ってきて、杉山や清川を駆逐してください。

セレモニーでは70周年ユニフォームを来年も使用するという発表(この情報自体は既報ではありますが)がありましたが、来年だけなんてケチ臭いことを言わずに、これからずっとこれをホームのユニフォームにしようぜ。

2020/11/04(水)ホーム最終戦

2020/11/04 23:46

メットライフドームの今シーズン最終戦に行ってきました。いい感じに酔っ払って眠くて仕方がないので、戦評については明日じっくりと更新します。

20201104-01.jpg

2位を確保してCSを勝ち抜き、今シーズンもう一度この場所で戦えますように。

OK キャンセル 確認 その他