2019/09/08(日)勢いに乗って直接対決へ

2019/09/08 19:22
【東北楽天 vs 埼玉西武 第20回戦】
(2019年9月8日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  2 0 0  0 0 0  0 1 0  3
東北楽天  0 0 0  0 0 2  0 0 0  2

[勝] 小川 4勝1敗1S
[S] 増田 3勝1敗26S
[敗] 森原 2勝2敗0S

[本塁打]
  6回裏 ブラッシュ 31号 2ラン (平良)

ライオンズは初回に中村のタイムリーツーベースで2点を先制。中村さん流石やで。しかし、その後は石橋の前に抑え込まれてしまいます。

ライオンズ先発の本田は5回2/3を投げたところで降板し、平良にスイッチしました。球数的には74球ではありますが、ボールも上ずり始めていましたし、足を気にする仕草もあったので、交代は致し方ないところかと思います。

ただ、その平良はブラッシュに一発を浴びて同点に追いつかれてしまいます。とはいえ、継投失敗というのも単なる結果論ですし、平良にとってはこれもいい経験になるでしょう。次はやり返してください。

馬鹿の一つ覚えのようにバントを繰り返してはチャンスを潰し続けたライオンズですが、流れを引き寄せたのは3番手小川のピッチングでした。7回は1安打こそ許しましたがゲッツーで3人で攻撃を終わらせると、山川のタイムリーで勝ち越した直後の8回は渡辺佳、銀次を連続三振。銀次のときは打てる球は一つもありませんでした。

このまま続投でも良さそうでしたが、ブラッシュのところで平井プロが登場し、完全に打ち取りながらサード内野安打で出塁を許しましたが、続く浅村をライトフライに打ち取りました。

9回は増田がフェルナンド、辰己のヒットで2アウト一三塁のピンチを招きましたが、最後は島内をセカンドフライに打ち取って逃げ切り。なんとかブルーという不愉快なイベントの最終戦で泥を塗ってやりました。

これでこの3連戦を勝ち越すとともに、ビジター6連戦を5勝1敗で乗り切れたのは大きいです。よくやったよ。水曜日からはいよいよホークスとの最後の首位攻防2連戦です。

2019/09/07(土)もう一度締め直してほしい

2019/09/07 22:20
【東北楽天 vs 埼玉西武 第19回戦】
(2019年9月7日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  1 1 0  0 0 0  0 0 1  3
東北楽天  0 0 1  4 0 0  0 0 x  5

[勝] 辛島  9勝5敗0S
[S] 松井  2勝7敗33S
[敗] 高橋光 10勝6敗0S

[本塁打]
  2回表 山川 41号 ソロ (辛島)

6回5失点と書くとあまり良くなさそうに見えてしまうのですが、今日の高橋光は情状酌量の余地があります。4回に1アウト一二塁から、茂木のファーストゴロを山川がベースに入ろうとして一塁セーフ(記録は内野安打)。高橋光のベースカバーは完全に間に合っていたので、ここで一つアウトを取れていれば、太田のフォアボールは押し出しにならず、辰己の三振でピンチを切り抜けていたわけで、これで4点全部が自責点というのはちょっとかわいそうです。

守備でやらかした山川は、2回にホームランは打っていますが、追う展開になった6回のノーアウト一二塁でセカンドフライに倒れてランナーを進めることができず。また、3回の先頭で出塁しながら牽制に誘い出されてアウトになった秋山は、9回の1アウト満塁の大チャンスに見逃しで三球三振。チームを引っ張るべき二人が足を引っ張る形で連勝がストップしました。

ホークスが負けたためにゲーム差は広がりませんでしたが、非常に悪い負け方で連勝を止めてしまいました。明日の試合では、山川、秋山は今日のミスを取り返すような活躍を期待しています。

2019/09/06(金)今日も満塁の鬼

2019/09/06 25:54
【東北楽天 vs 埼玉西武 第18回戦】
(2019年9月6日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 5  0 0 0  0 0 0  5
東北楽天  2 0 0  0 2 0  0 0 0  4

[勝] 今井 7勝9敗0S
[S] 増田 3勝1敗25S
[敗] 弓削 3勝3敗0S

[本塁打]
  1回裏 ブラッシュ 30号 2ラン (今井)
  3回表 中村    28号 満塁  (弓削)

中村さん最高や!

……それ以外に言うことが思い浮かばないですね。本当にすごい。

ライオンズ先発の今井は5回4失点と「ゲームを壊さなかった」というレベルのピッチングでしたが、2番手以降の国場、野田、平良、小川、平井、増田のリレーで4イニングを1四球のみのノーヒットに抑えました。ただ、8回頭から小川が2人を抑えたところで平井にスイッチする左右病はいい加減にしろという感じですね。昨日の今日なんだから休ませてやれよ……。

2019/09/05(木)満塁の鬼

2019/09/05 22:41
【オリックス vs 埼玉西武 第24回戦】
(2019年9月5日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 1 0  5 0 0  0 0 1  7
オリックス  0 1 0  0 0 1  0 1 0  3

[勝] 松本航 6勝3敗0S
[敗] 岩本  0勝2敗0S

[本塁打]
  2回表 外崎  24号 ソロ (山田)
  2回裏 宗    2号 ソロ (松本航)
  8回裏 吉田正 24号 ソロ (平井)

2回に外崎と宗のホームランで両チーム1点ずつを挙げ、迎えた4回表。山川のツーベースと金子侑、秋山の連続フォアボールで2アウト満塁とすると、源田が押し出しのフォアボールを選んで勝ち越し。さらに森もフォアボールを選んでもう1点。

仕上げは満塁の鬼・中村が右中間を破る走者一掃のタイムリーツーベースでこの回一挙5点を挙げました。中村はこれで111打点となり、打点リーグ単独トップに立っています。

ライオンズ先発の松本航は6回に小島のタイムリーツーベースでもう1点失いますが、続くピンチは宗、杉本を連速算心で切り抜けました。相変わらずランナーの有無で制球がガラッと変わる投球で、手放しで褒められる内容ではないのですが、今のこの時期は結果が大事です。

心配なのは8回に登板した平井プロです。先頭の吉田正にホームランを打たれたあと、ストライクとボールがはっきりする投球で2アウト満塁のピンチを招きました。最後はフルカウントから松井雅をセンターフライに打ち取ってピンチをしのぎましたが、3-1からのハーフスイングがなければ押し出しでしたし、さすがに少し休ませてあげたい内容でした。さすがに明日は休ませるよな?

ともあれ、これでバファローズに3連勝。ホークスが負けてくれませんので、こちらも食らいついていくしかないですね……。

2019/09/04(水)アップルパンチ! 中村グランドスラム!

2019/09/04 21:43
【オリックス vs 埼玉西武 第23回戦】
(2019年9月4日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   0 1 0  0 2 0  3 4 0  10
オリックス  0 2 0  0 0 0  0 0 0   2

[勝] 榎田 4勝2敗0S
[敗] 張奕 2勝2敗0S

[本塁打]
  2回表 外崎 22号 ソロ  (張奕)
  7回表 外崎 23号 3ラン (近藤)
  8回表 中村 27号 満塁  (小林)

久しぶりに榎田らしいピッチングを見たような気がします。先制直後の2回に2失点したのはいただけませんが、トータルでは6回2失点とゲームを作ってくれました。

打線は2回に外崎のアップルパンチで先制し、5回には源田の内野ゴロの間と中村の犠牲フライで逆転に成功。やはり足は大きな武器になります。7回には外崎の2本目のホームラン、8回には中村の打点トップに並ぶグランドスラムで駄目押し。連勝で今日もマジックの点灯を許しませんでした。

厳しい状況は続いていますが、優勝するには勝ち続けるしかありません。明日の松本航にも頑張ってもらいたいと思います。

2019/09/03(火)ニールさんあざーす

2019/09/03 21:24
【オリックス vs 埼玉西武 第22回戦】
(2019年9月3日/ほっともっとフィールド神戸)

埼玉西武   2 0 0  0 0 0  0 0 3  5
オリックス  0 0 0  0 0 0  0 0 1  1

[勝] ニール 9勝1敗0S
[S] 増田  3勝1敗24S
[敗] 荒西  1勝3敗0S

[本塁打]
  1回表 中村 26号 2ラン (荒西)

今日もニールのピッチングは素晴らしかったです。ピンチらしいピンチは4回くらいで、危なげのないピッチングで6回1/3を無失点。8連勝で9勝目となりました。来週のホークス戦も期待が持てそうです。

打線は初回に中村のホームランで2点を先制しますが、そのあとは荒西の前に苦しめられました。こちらも2回以降はチャンスらしいチャンスを作れませんでしたね。

ライオンズは9回に森、栗山の2本のタイムリーツーベースと相手のエラーで3点を追加し、これでゲームは決まったかと思ったのですが、その裏、なぜか1アウト満塁のセーブシチュエーションになって増田をつぎ込むことになってしまいました。

野田がこういうピッチングをしてしまうから、とりあえず平井、とりあえず増田という起用がされてしまうんですよね……。極端な話、5点差あるのですから、ホームランを打たれたり、1、2本ヒットを打たれても仕方ありませんが、フォアボール3つはいかんでしょ。

ともあれ、厳しいビジター6連戦の初戦を取れたのは大きいです。明日の予告先発はライオンズが榎田、バファローズが張です。

2019/09/02(月)時の流れは早い

2019/09/02 20:33

14日にメットライフドームに行きます。また、試合後に飲むことになるでしょうから、15日は朝から活動するのは難しい状況になりそうです。そして、16日はPyCon JPです。

……あかん、準備に使える週末が7日と8日しかない。最悪1日くらい会社休むか。

おおむね技術検証は終わっていて、あとはスライドに起こすだけなので、そこまで絶望的という感じではないのですが、時間は大事に使いたいと思います。しゃべるからには聞いてくださる方にお土産を持って帰ってほしいですし、そのための準備はしっかりしたいですからね。

問題は、取り上げるフレームワークの一つが想像以上に素晴らしくて、3つの選択肢を挙げているのに実質一択になってしまっていることでしょうか。当初は「いやー、PythonでAndroidはやっぱり無謀でしたわ」と落とすつもりだったのですが、そういうわけにも行かなくなりましたw

2019/09/01(日)奪首ならず

2019/09/01 21:43
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第23回戦】
(2019年9月1日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  0 0 1  0 1 1  0 0 1  4
埼玉西武      0 0 0  0 0 0  0 1 0  1

[勝] 武田 5勝3敗1S
[S] 森  2勝3敗27S
[敗] 十亀 4勝6敗0S

[本塁打]
  3回表 柳田   7号 ソロ (十亀)
  6回表 松田宣 26号 ソロ (十亀)

勝てば今シーズン初めての首位に立てる大事な一戦でしたが、ホークス先発の武田の前に抑え込まれました。天敵状態を脱してからはむしろカモに近いくらい打ち込んでいたはずなのですが、今日のピッチングには脱帽です。

ライオンズ先発の十亀は5回まで2失点と、どうにか試合を壊さずに踏ん張りましたが、6回も続投をさせる無能な首脳陣の期待に応えて松田宣のど真ん中に緩い球を投げ込みました。どう考えても5回から怪しかっただろうに……。

打つほうでは最大のチャンスは8回でした。秋山のライト前ヒットのあと、源田のラッキーな内野安打でノーアウト一二塁とすると、森が低めのボールを上手く拾う天才的なバッティングでタイムイリーツーベース。なおもノーアウト二三塁とチャンスは続きましたが、中村、栗山がランナーを進められずに2アウト。

続く外崎の打球は二遊間を襲いましたが、牧原の超ファインプレイでダイレクトキャッチ。追加点はなりませんでした。下手をすればシーズンを左右するプレイになってしまったかもしれません。

さて、これで首位攻防戦は2勝1敗。最低限のラインはキープして、今後に望みはつながりました。明後日からのバファローズ、イーグルスとのビジター6連戦でホークスに離されずに、11日、12日の再戦を迎えてもらいたいと思います。

2019/08/31(土)ついにゲーム差なし

2019/08/31 23:07
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第22回戦】
(2019年8月31日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  0 0 1  2 1 0  0 1 0   5
埼玉西武      5 1 1  0 0 0  1 2 x  10

[勝] 高橋光 10勝5敗0S
[敗] 和田  4勝3敗0S

[本塁打]
  1回裏 森     21号 2ラン (和田)
  1回裏 山川    39号 2ラン (和田)
  2回裏 秋山    19号 ソロ  (和田)
  4回表 松田宣   25号 2ラン (高橋光)
  7回裏 山川    40号 ソロ  (高橋純)
  8回表 グラシアル 23号 ソロ  (平井)

ついに首位ホークスとゲーム差なしに迫りました。6ゲーム差ついた時点で完全に諦めたのですが、わからないものです。まぁ、マリーンズのおかげという気もしますが……。

打線は初回から爆発し、4本のホームランで10点を奪いました。山川の1本目は体勢を崩されながらもセンターバックスクリーンまで運び、2本目は完璧な当たり(本人曰く半詰まり、とのことでしたが)でレフトスタンドに叩き込みました。これで2年連続の40号一番乗りです。これが目を覚ますきっかけになってくれるといいのですが。

栗山は3回の第2打席でライト前ヒットを放ち、これが球団最多の1807本目のヒットとなりました。おめでとうございます。

投げるほうでは高橋光が10勝に到達。5回で降りたのはやや物足りないところはありましたが、球数も増えていましたし、仕方がないところでしょう。自責点は2ですし、失点数ほどの悪いピッチングではありませんでした。苦しい場面もありましたが、よく踏ん張ってくれたと思います。

さて、明日の試合に勝てばついに首位に立つことができます。予告先発は十亀です。そうか、十亀か……。

2019/08/30(金)首位攻防戦

2019/08/30 23:50
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第21回戦】
(2019年8月30日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  0 1 1  0 0 0  0 0 0  2
埼玉西武      0 0 0  2 0 0  2 0 x  4

[勝] 平良 1勝1敗1S
[S] 増田 3勝1敗23S
[敗] 千賀 11勝7敗0S

[本塁打]
  2回表 中村晃  2号 ソロ  (今井)
  4回裏 外崎  21号 2ラン (千賀)
  7回裏 森   20号 2ラン (千賀)

昨日Baseball Mapping Talks+ #2に参加したのですが、そこで目の前でトークをされていた豊田さんが次の日の試合で解説をしているのを聞いて、ちょっと不思議な気分になりましたw

ライオンズ先発の今井は、2回に中村晃のホームランで先制を許し、3回に明石のタイムリーで追加点を奪われますが、4回以降はピンチを招きながらもしのぎました。外崎のホームランで追いついた直後の5回もしっかり抑え、いつもとは違うところを見せてくれました。7回に1アウト二塁のピンチを招いたところで降板しましたが、今日はよくゲームを作ってくれました。

2番手の野田は代打川島にヒットを許して1アウト一三塁。続く牧原の打球は三遊間を襲いますが、中村が横っ飛びで止めて一塁でアウトを一つ取りました。持っていかれかけた試合の流れを止めるビッグプレイでした。2アウト二三塁となったところで3番手の平良にスイッチし、平良は内川のインコースを攻め続けてセカンドゴロに打ち取ってピンチを脱しました。

その裏、1アウトから源田がセカンド内野安打で出塁すると、続く森がレフトスタンドに運ぶ今シーズン20号となるホームランで勝ち越し。8回は平井、9回は増田がランナーを出しながらも抑えて逃げ切りました。

首位攻防戦の初戦を取ってゲーム差を1となっています。また、先日プロ初セーブを上げた平良がプロ入り初勝利です。おめでとうございます!

OK キャンセル 確認 その他