2020/07/07(火)一回休み

2020/07/07 23:18

同業者(職種ではなくて会社の業種のほうですね)の方は今とても苦労されていることと思います。あと2か月くらいは振り回されることになると思いますが、お互い頑張りましょうw

仕事で疲弊したあとに木村のひどい打席を改めてハイライトで見る気力がないので、戦評は明日改めてまとめようと思います。なぜひどい打席と知っているかというと、3打席目と5打席目はパ・リーグTVで見てしまったからです。スマホで野球を見られるというのも良し悪しですね。

2020/07/06(月)お布施

2020/07/06 22:20

金獅子チケットが届きました。勢いで10枚全部買ってしまったのですが、これはいいものです。うちには10枚を一気に並べられるほどの机がないので、広い机のあるところに行ったタイミングで全部広げた写真を撮りたいと思います。もう少し落ち着いて実家に帰ったときかなぁ。

さて、これとは別にドームエリアのレンガに刻印する内容をそろそろ登録しなければいけないのですが、自分の名前をどうするか決まっていません。

もちろん、名前は一つしかないのですが、以前からの慣例に従って名・姓の順にするか、国語審議会の答申のとおりに姓・名の順にするかですね。小文字が使えれば姓を大文字にした上で姓・名にするのですが(本名を名乗っているGitHubなどの名前はそうしています)、残念ながら使えるのは大文字限定です。姓の後ろにカンマを打てば名字であることは明確になりますが……。

レンガは最低でも2031年まで残ることを考えると、10年後にどうなっているかも想像してみたいところです。もう姓・名が当たり前になっているか、それともそんな話はなかったことになっているか。

2020/07/05(日)追いつかない程度の反撃

2020/07/05 21:38
【埼玉西武 vs オリックス 第6回戦】
(2020年07月05日/メットライフドーム)

オリックス  0 2 0  0 0 1  4 1 0  8
埼玉西武   1 0 0  0 0 0  1 0 3  5

[勝] 山本    2勝0敗0S
[S] ディクソン 0勝1敗2S
[敗] 與座    0勝2敗0S

[本塁打]
  2回表 T-岡田  4号 2ラン (與座)

金子が登録抹消。決断が遅すぎた感もありますが、現時点では打撃はもちろん守備も精彩を欠く状況で、塁に出られないので脚を活かすこともできません。まずはオープン戦のころのようなバッティングができるようにみっちり調整してもらいたいと思います。

ライオンズ先発の與座は2回にT-岡田のホームランを浴びますが、それ以外は粘り強く投げてくれました。降板後に残したランナーを田村がきっちり返したために5回2/3を3失点という数字になってしまいましたが、悪くないピッチングでした。そろそろ勝ちをつけてあげたい……。

山本が相手ということで、リードを許した時点でかなり苦しい展開ではありましたが、2番手の田村が派手に燃え上がって試合が決まってしまいました。正直言って一軍レベルだとは思えないのですが、ほかに上げるピッチャーはいないんですかね。

ライオンズは9回に3点を返し、なおも1アウト一二塁と一発出れば同点という場面を作りますが、最後は呉がショートゴロゲッツーに倒れて万事休す。バファローズとの6連戦は2勝3敗1分けの負け越しに終わりました。

2020/07/04(土)二連式自動アウト

2020/07/04 22:18
【埼玉西武 vs オリックス 第5回戦】
(2020年07月04日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 1 0  0 3 0  4
埼玉西武   0 0 0  3 0 0  0 0 0  3

[勝] 田嶋    1勝0敗0S
[S] ディクソン 0勝1敗1S
[敗] 小川    1勝1敗0S

[本塁打]
  5回表 ロドリゲス  2号 ソロ  (松本)
  8回表 吉田正    3号 2ラン (小川)

今日の松本は良かったと思いますが、交代の判断を誤った感があります。おそらく今日は平良、平井、ギャレットはお休みという方針だったのでしょうが、それであれば8回は松本続投で良かったのかなと思います。7回のピンチで首脳陣が不安になったのかもしれませんが……。もっとも、そのあたりは結果論になるのであまり責める気はありません。

しかし、8番木村、9番金子という望みのないオーダーを組んで、途中で代打を出す様子もないのはがっかりしました。ずっとランナーなしだった金子はともかく、木村は4回か9回のチャンスで打てていれば試合展開は全く違ったものになっていたはずです。さすがに2割を切っている選手を使い続けるのはどうなんでしょうね……。

2020/07/03(金)引き分け

2020/07/03 22:13
【埼玉西武 vs オリックス 第4回戦】
(2020年07月03日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 4  0 0 0  0  4
埼玉西武   0 0 0  0 1 3  0 0 0  0  4

[本塁打]
  6回表 T-岡田  3号 3ラン (ニール)
  6回裏 中村    2号 ソロ  (増井)

ライオンズは5回、源田のスリーベースでチャンスを作ると、森のレフト前方へ上がった打球をT-岡田がファインプレイでつかみましたが、これが犠牲フライになって1点を先制します。

ライオンズ先発のニールは5回まではゴロアウトを量産するいつものピッチングでしたが、6回になって急に球が浮き始めました。ジョーンズのタイムリーで同点とされると、T-岡田のホームランで逆転を許します。ライオンズはその裏、先頭の中村のホームランで1点を返すと、源田の2点タイムリーで再び同点としました。

ライオンズは8回、先頭の栗山がフォアボールで出塁しますが、続く木村が送れずに追い込まれたあと強行し、センターフライで代走の山野辺が戻れずにダブルプレイ。9回には1アウト満塁のチャンスを作りましたが、中村が三振、呉がレフトフライでサヨナラならず。点を取るとしたらこの2イニングでしたね。

結局、試合は延長10回を終わって規定により引き分け。源田が完全に目を覚ましたのと、川越にプロ初ヒットが出たのは喜ばしいですが、勝てそうなゲームを落としてしまいました。とはいえ、今日はバファローズの側も同じことを思っていそうです。

2020/07/02(木)粘り勝ち

2020/07/02 21:57
【埼玉西武 vs オリックス 第3回戦】
(2020年07月02日/メットライフドーム)

オリックス  2 0 1  0 0 0  2 0 0  5
埼玉西武   0 1 2  0 1 1  2 2 X  9

[勝] 平井 1勝0敗0S
[敗] 山田 0勝1敗0S

[本塁打]
  3回表 吉田正        2号 ソロ (本田)
  3回裏 スパンジェンバーグ  2号 ソロ (山崎福)
  3回裏 森          1号 ソロ (山崎福)
  6回裏 栗山         1号 ソロ (荒西)

ライオンズの先発は本田。初回先頭の宗のレフト前ヒットをスパンジェンバーグがワンバウンドでバンザイし、その後の処理ももたついて三塁まで進まれてしまいます(記録は二塁打)。続く大城のヒットでバファローズが先制。さらに吉田正もヒットで続いてチャンスを広げたあと、T-岡田の犠牲フライでもう1点。

本田は2回以降は立ち直り、3回に吉田正のホームランを浴びましたが、5回途中まで3失点。ピンチで吉田正を迎えたところで降板となりましたが、失点ほど内容は悪くありませんでした。粘り強く投げてくれたと思います。

ライオンズは3回にスパンジェンバーグと森のホームランで同点に追いつくと、5回には源田の犠牲フライで勝ち越し。6回には栗山のホームランでリードを広げます。7回表に守備の乱れもあって追いつかれますが、その裏に森の2点タイムリーツーベースですぐさま勝ち越し。8回にも2点を取って駄目を押しました。

2020/07/01(水)終わらないフォーム探し

2020/07/01 22:13
【埼玉西武 vs オリックス 第2回戦】
(2020年07月01日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 6  0 0 0  6
埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 鈴木 1勝0敗0S
[敗] 今井 0勝2敗0S

[本塁打]
  6回表 吉田正 1号 2ラン (今井)

5回までは両チームともノーヒットという静かな展開でしたが、6回に今井がつかまってしまって6失点(今井の失点は5)。ここでゲームが決まってしまいました。今井はオープン戦や練習試合でようやくフォームを見つけたと思ったら、今日もまた別のフォームで投げていました。開幕前の「ダルビッシュみたい」と言われていたフォームで良かったと思うんですけどねぇ……。

打線は3回がポイントだったと思います。というか、チャンスらしいチャンスは3回だけでした。先頭の栗山、今日初スタメンの川越が連続フォアボールでノーアウト一二塁のチャンスを作りましたが、金子が三振でランナーを進められず。三塁にランナーを進めていればスパンジェンバーグの打撃も変わってきたでしょうし、悔やまれるところでした。

2020/06/30(火)4連勝

2020/06/30 21:45
【埼玉西武 vs オリックス 第1回戦】
(2020年06月30日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  2 0 0  2
埼玉西武   0 0 0  2 0 1  0 0 X  3

[勝] 高橋光   2勝0敗0S
[S] 増田    1勝0敗4S
[敗] アルバース 0勝1敗0S

[本塁打]
  7回表 ロドリゲス 1号 2ラン (高橋光)

ライオンズ先発の高橋光は6回までは本当に素晴らしいピッチングでした。天敵の吉田正には2安打1四球と苦しみましたが、それ以外はジョーンズに1本ヒットを打たれただけ。打線も4回に栗山の2点タイムリー、6回に外崎の内野ゴロの間に追加点を挙げ、完投はともかく、直接増田までつなげそうな雰囲気でした。

しかし7回、急にボールが高く浮いてしまいます。先頭のT-岡田にツーベースヒットを打たれたあと、ロドリゲスのホームランであっという間に1点差に詰め寄られてしまいました。続く若月にセンター前ヒットを打たれたところで降板。全体を通してみれば及第点以上のピッチングなのですが、6連戦の頭ですからできればもう1イニング投げてもらいたかった。とはいえ、本人もその課題は分かっているようなコメントを残していましたので、きっと次回登板に活かしてくれると思います。

2番手の平井は2アウトから外崎のエラーでピンチを背負いますが安達を打ち取ってゼロに抑えると、8回ギャレット、9回増田は三者凡退で1点差逃げ切り。リリーフ陣をこんなに安心して見ていられるのは何年ぶりでしょうw

打線は、今日はスパンジェンバーグを外して1番レフトで鈴木をスタメン起用しました。鈴木はこのところようやくチャンスがもらえるようになったので、今後も少し我慢して使って欲しいと思います。あとは川越ですね……。今日は代打で出場しましたが、思い切って4打席チャンスをあげてくれないかなーと思います。なにしろ、今日の誕生日で27歳なんですよ。まだ野手転向2年目ではありますが、そんなに時間の余裕があるわけではないのですから。

2020/06/29(月)高級レンガ

2020/06/29 23:40

19,800円のレンガを購入しました。

2021年3月、メットライフドームエリアへ敷設するレンガサークルにあなたの名前を刻もう!「Lions BRICK CIRCLE PROJECT」がスタート!|埼玉西武ライオンズ

来年の時点でも観客をフルに入れられるのか不透明な部分もありますが、最低でも2031年まで残るのであれば、さすがにこの目で見に行く機会もあるでしょう。完成を心待ちにしています。

しかし、まだ刻印の内容に迷っている部分があります。本名をフルネームで入れるのは確定なのですが、もう1行入れられるのであれば何か追加したいところです。各種SNSのIDに使っている@7PAIRS(大文字限定なのがちょっと残念)を入れるか、生年月日を入れるか、サークル名のTHUNDER CLAWを入れるか。

2020/06/28(日)森のタイムリーでサヨナラ勝ち

2020/06/28 17:40
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第6回戦】
(2020年06月28日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  1 2 0  0 0 0  0 0 0   3
埼玉西武      0 1 1  0 0 1  0 0 1x  4

[勝] 増田 1勝0敗3S
[敗] 泉  0勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 柳田  3号 ソロ (與座)
  6回裏 山川  5号 ソロ (二保)

ライオンズ先発の與座は初回、柳田に一発を浴びて先制を許します。打った瞬間はセンターフライかなという感じでしたが、思ったより打球が伸びていきました。とはいえ、柳田に打たれるのはもう仕方がないものだと思いますので、その前にランナーを出さずにソロで済めばいいでしょう。

與座はそれよりも2回の失点がいただけません。ノーアウトから明石、今宮の連続ヒットでピンチを招いたあと、牧原、松田を抑えながら、甲斐にフォアボールを与えて満塁としたあと、栗原のタイムリーで2点を失いました。栗原に打たれたことよりも、甲斐にフォアボールを出して傷口を広げたことを反省してもらいたいと思います。

とはいえ、そのあとは完全に立ち直って、トータルでは6回を投げて3失点。今回も勝ちには結びつきませんでしたが、先発の役目を十分に果たしてくれました。このピッチングが続けられればいずれ結果はついてくるでしょう。

打線は2回に栗山のタイムリーで1点を返すと、3回には森の内野ゴロの間にもう1点。試合が膠着していた6回には山川の3試合連続のホームランで同点に追いつきました。

7回以降は両チームのリリーフ陣が奪三振ショーを繰り広げます。ライオンズは平井、ギャレットが合わせて5三振、ホークスも嘉弥真とモイネロが5三振。ここまでは互角でしたが、同点の9回に増田をつぎ込んだライオンズに対し、ホークスが森を温存したことが結果を分けたように思います。

9回裏、先頭の川越、続くスパンジェンバーグが連続フォアボールでチャンスを作ると、源田の送りバントがピッチャーのフィルダースチョイスをさそってノーアウト満塁。続く森が初球をとらえると、前進守備の二遊間を破ってサヨナラ勝ちとなりました。この3試合、苦しい状況からの逆転勝利が続き、この6連戦は4勝2敗で勝ち越しとなりました。

OK キャンセル 確認 その他