2004/10/24(日)中継ぎがいないのなら、直接豊田に繋げばいいじゃない!(はてなプロ野球’04)

2004/10/24 24:25
【中日 vs 西武 日本シリーズ第6戦】
(2004年10月24日:ナゴヤドーム)
 
西武  1 0 0  0 0 2  0 1 0  4
中日  0 1 0  1 0 0  0 0 0  2
 
[勝] 松坂  1勝1敗0S
[S] 豊田  0勝0敗3S
[敗] 山本昌 0勝1敗0S
 
[本塁打]
  6回表 和田  3号 2ラン (山本昌)
  8回表 和田  4号 ソロ  (落合)

 日本一に王手をかけているドラゴンズの先発は山本昌、一方、後がないライオンズの先発は松坂ということで、第2戦と同じピッチャーの顔合わせです。

 今日は両投手とも調子が今ひとつで、試合は序盤から動きました。初回、ライオンズがカブレラのどん詰まりのタイムリーで先制すると、2回裏、井上のタイムリー内野安打でドラゴンズが同点に追いつきます。

 その後山本昌は徐々に立ち直りの兆しを見せますが、松坂は立ち直る前に追加点を奪われてしまいました。4回裏、リナレスのツーベース、谷繁のヒットでノーアウト一三塁のピンチを招くと、またもや井上にタイムリーを浴びて2-1と勝ち越しを許します。しかし、ここから松坂は踏ん張り、さらなる追加点は許しませんでした。この粘りが打線の援護を呼ぶことになります。

 6回表、先頭のカブレラが初球攻撃で右中間を破るツーベースを放ち、一打同点のチャンスを築きます。続く和田は粘って粘って10球目、大好きな高めのボール気味の球を捕らえると、レフトスタンドへ突き刺さる逆転の2ランホームラン! いやぁ、この10球の勝負は非常に見ごたえがありましたね *1

 和田は8回にもホームランを放ち *2 、貴重な追加点を叩き出しました。これでリードは2点に広がります。

 序盤は調子の上がらなかった松坂ですが、井上の2本目のタイムリー以降はヒットを許さず、結局8イニングを投げ切って2失点で降板しました。そして、最終回はいつものように守護神豊田が締めてゲームセット。これで対戦成績を3勝3敗のタイに持ち込みました。

 さぁ、泣いても笑っても明日が日本シリーズ最終戦となります。さすがに名古屋まで行くことはできませんが、テレビの前で応援していますよ。今シーズンの総決算だと思って頑張れ!

*1:試合に勝ったからこそ言える言葉であるような気もしますが。

*2:このホームランも粘った末の8球目でした。

OK キャンセル 確認 その他