2011/10/30(日)ファイナルステージ進出!

2011/10/30 22:57
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 CSファーストステージ第2戦】
(2011年10月30日:札幌ドーム)
 
埼玉西武     0 0 0  0 1 0  0 1 6  8
北海道日本ハム  0 0 0  1 0 0  0 0 0  1
 
[勝] 西口 1勝0敗0S
[敗] 石井 0勝1敗0S
 
[花火]
  4回裏 ホフパワー  1号 ソロ  (西口)
  9回表 中村     1号 3ラン (宮西)

ライオンズ先発の西口、ファイターズ先発の武田勝はともに上々の立ち上がりで、序盤3回を終わって0-0。そんな試合が動いたのは4回でした。4回表、フェルナンデスのツーベースで一塁ランナーの中村がホームに突入しましたが、ファイターズの完璧な中継に阻まれタッチアウト。その裏にホフパワーのホームランでファイターズが1点を先制します。

しかし、ライオンズは直後の5回、秋山のタイムリーで同点に追いつきました。その後は西口、ファイターズ2番手のウルフが踏ん張り、1-1の同点のまま試合は終盤へ。

8回、ライオンズは2アウト満塁から、中村の痛烈なセカンドゴロが田中のエラーを誘い1点を勝ち越し。グラブの出し方がちょっとおかしかったので、もしかしたら打球に変な回転がかかっていたのかもしれません。

その裏、先頭の田中がツーベースで出塁すると、陽の送りバントが内野安打になってノーアウト一三塁の大ピンチ。この内野安打は、キャッチャーの星が三塁送球を指示し、西口は結局一塁に投げたのですが、一瞬三塁を見た分だけ処理が遅くなってしまいました。

ピンチを迎えたところで西口から石井一にスイッチしましたが、この石井一のピッチングが素晴らしかった。糸井を三振、小谷野をサードゴロ、稲葉をレフトフライに打ち取り、クリーンアップにまったく仕事をさせませんでした。

ピンチを脱したあとのライオンズは9回、イニングをまたいだ増井に襲い掛かり、中村のホームランなど6安打を集中して一挙6点を追加。これでゲームを決めました。最後は牧田が締めて2連勝。ファイナルステージ進出を決めました。

さて、木曜日から福岡でホークス相手のファイナルステージです。実力的にはどう考えてもホークスのほうが強いんですが、この2試合を見ているとひょっとしたらやってくれるんじゃないかと思わせてくれるものはあります。それに、ライオンズは今までファイナルステージで敗退したことがないんだぜ!

OK キャンセル 確認 その他