2010/05/26(水)2010-05-26

2010/05/26 22:55
【広島東洋 vs 埼玉西武 第2回戦】
(2010年5月25日:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
 
埼玉西武  0 0 4  2 2 0  0 0 2  10
広島東洋  0 0 1  0 0 0  1 5 0   7
 
[勝] 許      3勝4敗0S
[S] シコースキー 0勝2敗16S
[敗] 岸本     0勝1敗0S
 
[本塁打]
  4回表 中村   13号 満塁  (岸本)
  5回表 ブラウン 11号 2ラン (梅津)
  8回裏 栗原    6号 2ラン (長田)

先発の許さんの出来は素晴らしかったです。疲れの見えてきた7回に危なっかしい場面もありましたが、7回2失点という成績は文句なしでしょう。

そして、これが大きいのですが、今回の相手ピッチャーはダルビッシュでも杉内でもありませんでした。3回に中村のグランドスラムで先制すると、その後も許さん自らのタイムリー内野安打などもあり、5回までに8-1とリードします。

しかし、許さんの後を受けた2番手以降が大問題でした。星野が2安打で1点を失うと、代わった長田がいきなり栗原に一発を浴びて8-5。長田は赤松を内野安打で出した後、小窪へのデッドボールが危険球となって退場となってしまいます。さらに、急遽登板となった小野寺が前田智に2点タイムリーを浴びてあっという間に1点差となりました。

しかし、まだ8回ではありますが、ここでライオンズベンチはシコースキーを投入。シコースキーは期待に応えてピンチを凌ぐと、9回は先頭の東出をフォアボールで出したものの、ゲッツーもあって結局3人で片付けて乱打戦を制しました。というか、許さんの勝ちが消えなくて良かった……。

OK キャンセル 確認 その他