2013/07/30(火)ミスのオンパレード

2013/07/30 22:56
【東北楽天 vs 埼玉西武 第13回戦】
(2013年7月30日:岩手県営野球場)

埼玉西武  0 0 0  1 3 0  0 0 0  4
東北楽天  0 0 0  4 1 0  4 0 x  9

[勝] 則本  9勝6敗0S
[敗] 岡本洋 3勝1敗0S

[本塁打]
  4回表 秋山    8号 ソロ  (則本)
  4回裏 島内    6号 3ラン (菊池)
  5回表 ヘルマン  1号 2ラン (則本)
  7回裏 松井    8号 2ラン (藤原)
ライオンズの先発は凱旋登板となる菊池、イーグルスの先発は則本でした。 4回表、ライオンズが秋山のホームランで1点を先制しますが、その裏、ヘルマンのタイムリーエラーと島内の3ランでイーグルスが4点を奪って逆転します。 5回表、ライオンズはノーアウト一二塁から鬼崎のライト前タイムリーで1点を返しますが、一塁ランナーの炭谷が三塁タッチアウト。島内がバックホームせずに三塁に投げたのはよく見ていたと褒めるべきでしょうが、ライオンズの三塁コーチは一体何をやっていたんですかね。このあと、ヘルマンに今シーズン第1号のホームランが出て同点に追いつきます。しかし、先程の走塁死がなければ逆転弾になっていた展開でした。 5回裏、ライオンズは先発の菊池を諦めて岡本洋を投入します。岡本洋は2アウト一二塁のピンチを招きますが、松井を三振に打ち取りピンチをしの……げず、ワイルドピッチになってしまい、松井は振り逃げ。しかも、このときの炭谷の一塁送球が悪送球になり、二塁ランナーの生還を許してしまいました。何をやっているんですか。 ライオンズは6回、今季初登板となる石井が三者凡退で抑えます。ビハインドは1点ですし、7回以降は勝ちパターンのピッチャーをつぎ込むことも考えられましたが、7回のマウンドに登ったのは藤原でした。藤原は枡田の2点タイムリーと松井のホームランで4点を失い、試合を決定づけられてしまいます。まあ、これはこの場面で使う監督が悪いよなぁ。 結局、選手も首脳陣もミスを繰り返した結果、イーグルス2連戦の初戦を落としてしまいました。イーグルスが強いのは確かなんだけどさ、もうちょっとプロらしい試合をしようぜ。
OK キャンセル 確認 その他