2018/04/15(日)初回で勝負は決まったものの

2018/04/15 19:32
【東北楽天 vs 埼玉西武 第3回戦】
(2018年4月15日/楽天生命パーク宮城)

埼玉西武  0 0 0  0 1 0  4 0 1   6
東北楽天  8 0 1  2 0 0  0 1 x  12

[勝] 池田  1勝2敗0S
[敗] ウルフ 1勝1敗0S

[本塁打]
  1回裏 岡島    1号 3ラン (ウルフ)
  4回裏 アマダー  1号 2ラン (高木勇)
  5回表 秋山    2号 ソロ  (池田)
  7回表 山川    5号 3ラン (池田)

ライオンズ先発のウルフが大乱調で、初回で勝負が決してしまいました。まぁ、それだけなら「こんな日もあるよね」で終わりなのですが。

11点ビハインドで迎えた5回表、先頭の秋山のレフトへの打球が風に乗ってスタンドイン。焼け石に水のような一発でしたが、秋山は一瞬だけ笑顔を見せたあと、すぐに厳しい表情に戻りました。こういうケースだと単純に自分の成績が上がることを喜ぶか、もしくは無表情を貫くものですが、まだ目が死んでいませんでした。このチームはもう田辺時代から生まれ変わったんですね。ほんの一瞬の出来事でしたが、本当に嬉しかったです。

6回までは池田の前にその秋山の一発に抑えられ、結局プロ初勝利を献上したわけですが、7回に4点を奪ってやられっぱなしでは終わりませんでした。まぁ、大量リードの場面のピッチャーゴロの処理でふざけた動作を見せるくらいですから、野球をどこか舐めているのでしょうし、次は5点では終わらないでしょう。ライオンズのIT戦略室を甘く見るなよ。

9回は松井を打ち込んで1点を返し、さらに満塁まで攻め立てました。今年の成績を見ても「いや、とは言っても松井でしょ?」と思っていたのですが、7点リードであんなピッチングしかできないようでは、今年の松井は本格的にまずいかもしれません。コントロールもスピードもスライダーの切れもすべてが別人のようでした。欲を言えばノックアウトして完全に嫌なイメージを植え付けたかったところですが、立ち直りのきっかけを与えなかったのは非常に大きい。

さて、次の試合は火曜日の東京ドームでのライオンズクラシックです。昨日今日の感じだと栗山はスタメンで起用されそうですね。実際、今年の栗山であれば多少守備に目をつぶっても起用していいと思います。私も球場に行くのですが、あのユニフォームで躍動する栗山の姿を見るのが楽しみです。あとは中村が立ち直ってくれればいいのですが……。

OK キャンセル 確認 その他