2019/07/29(月)木村の激走でサヨナラ勝ち

2019/07/29 23:25
【埼玉西武 vs 北海道日本ハム 第18回戦】
(2019年7月28日/メットライフドーム)

北海道日本ハム  0 2 0  0 0 1  0 1 3  0   7
埼玉西武     1 0 2  2 0 2  0 0 0  1x  8

[勝] ヒース 1勝2敗2S
[敗] 宮西  1勝2敗0S

[本塁打]
  2回表 清水  1号 2ラン (ニール)
  3回裏 山川 31号 2ラン (堀)
  8回表 中田 23号 ソロ  (平井)
  9回表 近藤  2号 3ラン (増田)

ライオンズ先発のニールは7回3失点。2回の清水のホームランはいただけないボールでしたが、それ以外はよくゲームを作ってくれました。やはり点を取ったあとのイニングをきっちり抑えてくれるのは嬉しいです。

打線は3回に山川のホームランで逆転すると、4回6回にも2点ずつをあげて突き放しました。4回の岡田のバスターエンドランは打った岡田も見事でしたし、一塁から一挙に生還した金子侑の走塁もさすがでした。

8回は平井が登板しましたが、素人目にも球が走っていないのが明らかで、3安打を浴びて1失点。もちろん、弊ブログで何度も繰り返しているように、悪いのは平井ではなく小野であり西口さんであり辻監督です。腹をくくって今のうちに10日間休ませたほうがいいんじゃないですかね……。

それでも3点のリードを保って9回には増田が登板。きっちり抑えてベリーグッドマンのライブに突入したいところでしたが、近藤に3ランを浴びて試合は振り出しに戻りました。そりゃ増田だってたまには打たれるでしょうが、何も今日この日に打たれなくてもw

10回表はヒースが完璧に抑えると、その裏、1アウトから木村がこの日4本目のヒットで出塁すると、続く秋山の打席がフルカウントとなり、ランエンドヒットの形になって打球はショートゴロ。逆を突かれかけた中島がこの打球を弾くと、打球がセンターとショートの間に転がる間に、木村が一気に生還してサヨナラ勝ち。なんとかベリーグッドマンのライブがアカペラにならない時間に終わらせることができました。

中島は完全に木村が三塁で止まると決めつけていたところ、黒田コーチはそれをよく見ていて回しましたし、木村も途中でスピードを緩めませんでした。こういう相手のミスにつけ込めたところは大きいですね。

OK キャンセル 確認 その他