2019/08/18(日)前半戦のツケ

2019/08/18 20:32
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第19回戦】
(2019年8月18日/福岡 ヤフオク!ドーム)

埼玉西武      0 0 0  2 2 0  0 0 0  4
福岡ソフトバンク  1 1 1  0 0 0  2 0 x  5

[勝] 高橋純 3勝1敗0S
[S] 森   2勝3敗25S
[敗] 平井  5勝2敗0S

[本塁打]
  2回裏 コラス    1号 ソロ (十亀)
  3回裏 グラシアル 22号 ソロ (十亀)

先発の十亀は5回3失点。手放しで褒められる内容ではありませんが、先発として最低限の仕事はしてくれたのではないかと思います。このところ、この最低限すらできない先発ばかりでしたからね。

打線は4回に栗山のタイムリーと外崎のタイムリーツーベースで1点差に詰め寄ると、5回には栗山の押し出しフォアボール、外崎の押し出しデッドボールで逆転に成功。しかし続く山川が止めたバットに当てる中途半端なバッティングでサードゴロに倒れて突き放すことができませんでした。ピッチャーが苦しいこの状況でそのバッティングはない……。

1点リードでは心許ないところでしたが、6回は小川が抑え、7回に平井が登板。しばらく休んでいたので、2イニング行くことも考えていたのかもしれませんが、完全に誤算のピッチングでした。1アウトからグラシアルをデッドボールで歩かせたあと、松田宣、明石の連続タイムリーツーベースで逆転。

グラシアルのデッドボールは打ちに行っているように見えたので(ちなみにTwitterのTLでも誤解して吹き上がっている人が多かったのですが、仮にバットが回ったとしても、打ちに行かずに避けようとしていたと球審が判断すればデッドボールです)ちょっと不運ではありましたが、打たれた2本は力のない甘い球でした。休んでこれということは、今年はもう元には戻らないかもしれませんね……。前半戦の小野はとんでもない運用をしてくれたよね。

ライオンズは8回に先頭の栗山がツーベースで出塁してチャンスを作りますが、外崎、山川、木村がランナーを進めることすらできずに無得点。9回の最後の攻撃も、2アウトから金子侑が出塁しましたが、続く森が倒れてゲームセット。あと一歩のところで痛い星を落としました。

OK キャンセル 確認 その他