2020/06/27(土)どすこーい!

2020/06/27 23:00
【埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 第5回戦】
(2020年06月27日/メットライフドーム)

福岡ソフトバンク  2 2 3  0 0 0  0 0 0  7
埼玉西武      0 2 3  0 0 0  3 0 X  8

[勝] 小川 1勝0敗0S
[S] 増田 0勝0敗3S
[敗] 岩崎 0勝2敗0S

[本塁打]
  1回表 柳田  2号 2ラン (松本)
  2回表 栗原  1号 2ラン (松本)
  2回裏 中村  1号 2ラン (和田)
  7回裏 山川  4号 3ラン (岩崎)

開幕8試合目にしてスタメンを大きく変えてきました。森、栗山がお休みで、中村がDHに回ってスパンジェンバーグが7番サードへ。空いたレフトには鈴木が1番で入りました。ファイターズ戦でスパンジェンバーグが左に苦しめられたことを考えれば悪くない入れ替えだと思います。ただ、昨日決勝弾の木村が6番に上がっているのを見て、昨日の一勝を得るために、とんでもないものを生け贄に捧げてしまったのではないかと思ってしまいました。

辻監督の木村びいきを嘆くのはこれくらいにして、試合を振り返ってみましょう。ライオンズ先発の松本は褒めるところがあまり見つからないような散々なピッチングで、3回までに7点を失ってノックアウト。絶対的な決め球で押さえ込むタイプではないので、調子が悪いときはこんなものかもしれませんが、ちょっと心配です。

打線は2回に中村のホームランで2点を返し、3回に外崎の2点タイムリースリーベースと中村の犠牲フライで2点差まで詰め寄りますが、4回以降は2番手の高橋礼に抑え込まれます。

松本は散々でしたが、リリーフ陣はよく投げてくれました。2番手の宮川が2イニングを0に抑えると、3番手平良は苦しみながら6回を抑えます。4番手小川が三者凡退。この好投が打線の援護を呼びました。

7回裏、あっさり2アウトを取られますが、源田、外崎がいずれも詰まりながらもレフト前に運んで一二塁。続く山川は初球をとらえてバックスクリーンに飛び込む逆転スリーランホームラン! ゲームをひっくり返しました。

逆転したあとは8回をギャレットが完璧に抑え、9回は増田が四凡で締めてゲームセット。4勝4敗の5割に戻しました。今日は宮川、ギャレットのピッチングも良かったのですが、増田がストレートでゴリ押しできるようになったのも嬉しいです。まだ全開という感じではありませんが、オープン戦、練習試合のころのような不安な感じはなくなりました。

OK キャンセル 確認 その他