2020/06/30(火)4連勝

2020/06/30 21:45
【埼玉西武 vs オリックス 第1回戦】
(2020年06月30日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 0  2 0 0  2
埼玉西武   0 0 0  2 0 1  0 0 X  3

[勝] 高橋光   2勝0敗0S
[S] 増田    1勝0敗4S
[敗] アルバース 0勝1敗0S

[本塁打]
  7回表 ロドリゲス 1号 2ラン (高橋光)

ライオンズ先発の高橋光は6回までは本当に素晴らしいピッチングでした。天敵の吉田正には2安打1四球と苦しみましたが、それ以外はジョーンズに1本ヒットを打たれただけ。打線も4回に栗山の2点タイムリー、6回に外崎の内野ゴロの間に追加点を挙げ、完投はともかく、直接増田までつなげそうな雰囲気でした。

しかし7回、急にボールが高く浮いてしまいます。先頭のT-岡田にツーベースヒットを打たれたあと、ロドリゲスのホームランであっという間に1点差に詰め寄られてしまいました。続く若月にセンター前ヒットを打たれたところで降板。全体を通してみれば及第点以上のピッチングなのですが、6連戦の頭ですからできればもう1イニング投げてもらいたかった。とはいえ、本人もその課題は分かっているようなコメントを残していましたので、きっと次回登板に活かしてくれると思います。

2番手の平井は2アウトから外崎のエラーでピンチを背負いますが安達を打ち取ってゼロに抑えると、8回ギャレット、9回増田は三者凡退で1点差逃げ切り。リリーフ陣をこんなに安心して見ていられるのは何年ぶりでしょうw

打線は、今日はスパンジェンバーグを外して1番レフトで鈴木をスタメン起用しました。鈴木はこのところようやくチャンスがもらえるようになったので、今後も少し我慢して使って欲しいと思います。あとは川越ですね……。今日は代打で出場しましたが、思い切って4打席チャンスをあげてくれないかなーと思います。なにしろ、今日の誕生日で27歳なんですよ。まだ野手転向2年目ではありますが、そんなに時間の余裕があるわけではないのですから。

OK キャンセル 確認 その他