2021/04/03(土)外崎も離脱

2021/04/03 19:35
【福岡ソフトバンク vs 埼玉西武 第2回戦】
(2021年4月3日/福岡PayPayドーム)

埼玉西武      3 0 1  0 1 0  2 0 0  7
福岡ソフトバンク  1 0 0  0 0 0  0 0 3  4

[勝] 浜屋  1勝1敗0S
[S] 増田  0勝0敗2S
[敗] 高橋礼 0勝1敗0S

[本塁打]
  1回裏 川島  1号 ソロ (浜屋)
  9回裏 柳田  2号 ソロ (井上)

ライオンズは初回に源田のヒットと二つのフォアボールで1アウト満塁のチャンスを作ると、外崎の押し出しデッドボールで先制します……が、外崎はこのとき左腓骨を骨折。全治未定ということで、しばらくは外崎抜きでの戦いを強いられることになりました。開幕オーダーの4番5番6番が1週間でいなくなるとは……。

さて、ライオンズはこのあと呉にもタイムリーが出て計3点。初回から浜屋に大きな援護をプレゼントしました。

しかし、その浜屋も立ち上がりはピリッとしません。先頭の川島に一発を浴びると、2回、3回も2人ずつのランナーを出す苦しいピッチングが続きます。

その一方で、打線は小刻みに点を重ねました。3回に木村が犠牲フライでTポイントを稼ぐと、5回には呉のタイムリー、7回にも呉の2点タイムリーツーベースで計7点。高橋礼をこんなに打ち込んだのは初めてじゃなかろうか……(7回の2点は2番手の川原からでしたが)。

ライオンズ先発の浜屋は4回以降は立ち直りましたが、序盤の球数がたたって5回までで降板。6回以降は佐野、ギャレット、宮川がパーフェクトでつなぎ、9回は井上がプロ初登板となりました。

井上は先頭の柳田に一発を浴びると、2アウトまではこぎつけたものの、松田に2点タイムリーを浴びたところで降板。ほろ苦いデビュー戦となりました。とはいえ、この時期はすべてが勉強ですから、この反省を次のピッチングに繋げて欲しいと思います。

結局、最後は増田が締めてゲームセット。敵地でのホークス戦に勝ち越し、首位を守りました。

もちろん、勝ったことは嬉しいのですが、外崎の離脱を考えると、この先の戦いが不安で仕方がありません。しばらくはセカンド山野辺で行くのでしょうか。あるいは佐藤をサードに入れて、中村をファーストに回した上で呉をセカンドに持っていくか。

栗山の詳細はわかりませんが、山川は5月までずれ込むという情報もあり、来日したスパンジーも隔離期間と調整期間を考えれば合流は早くてもゴールデンウィークごろでしょう。辛い。本当に辛い。

とはいえ、こうなるとメンバーを固定したがる辻監督でさえ若手を使わざるをえないわけで、若手からすれば大きなチャンスです。辛いとはいっても、5番ファースト脇谷とか、5番ファースト鬼崎とか、5番ファースト森本とか、もっと古いところで言えば1番清水2番原井とか、3番小関4番垣内みたいな本当の暗黒打線に比べればまだ将来の夢があるので、あまりガツガツせずに見守りたいと思います。

OK キャンセル 確認 その他