2018/04/07(土)開幕7連勝

2018/04/07 21:22
【埼玉西武 vs オリックス 第2回戦】
(2018年4月7日/メットライフドーム)

オリックス  0 0 0  0 0 1  1 0 1  3
埼玉西武   1 0 0  5 0 0  0 0 x  6

[勝] 多和田 2勝0敗0S
[敗] 田嶋  1勝1敗0S

[本塁打]
  7回表 マレーロ  4号 ソロ (多和田)

ライオンズは初回、ボールにばらつきのあった田嶋を攻め、秋山がフォアボール、源田がヒットでチャンスを作ると、浅村が三振に倒れたあと、山川が低めのボールを上手く拾ってレフト前タイムリー。1点を先制します。

3回には源田、浅村、山川が三者連続三振を喫し、立ち直られてしまったかと思ったのですが、4回に打線がつながります。1アウトから中村がツーベースで出塁すると、外崎が詰まりながらもライト前に運んでこれがタイムリーに。メヒアが歩いたあと、金子侑のレフト前タイムリーでもう1点。秋山がラッキーな内野安打で満塁とすると、源田の左中間を破る走者一掃タイムリースリーベースでこの回一挙に5点を追加しました。

ライオンズ先発の多和田は初回に吉田正にデッドボールを与えますが、そのあとは完璧なピッチング。5回までノーヒットピッチングを続けます。6回1アウトから代打伏見に初ヒットを許すと、宗がセンター前にポトリと落ちるヒット、代打中島に緩い当たりで三遊間を破られて1点を失いましたが、6回を終えて1失点。開幕から7試合連続で先発ピッチャーがクオリティスタートを達成です。

多和田は7回にマレーロに一発を浴びて7回2失点で降板。8回は野田が3人で完璧に抑えます。9回はワグナーが登板し、先頭のロメロの高い内野フライを内野手全員がお見合いするという凡ミスでツーベースとしてしまい、そのあとは3人きっちり抑えてゲームセット。内野ゴロの間にランナーの生還を許しましたが、実質4つアウトを取ったようなものですし、この失点は責められません。開幕戦のピッチングはかなり不安になるような内容でしたが、今日のようなピッチングなら当初の予定通り勝ちパターンで使えるのではないでしょうか。

これでライオンズは開幕7連勝。この7勝はすべて先発に白星がついており、これは1954年の南海以来の開幕からの連続試合先発白星のプロ野球タイ記録とのことです。なんと64年ぶり! 明日のウルフでこの記録を更新したいところです。

OK キャンセル 確認 その他