2022/05/24(火)交流戦スタート(vs 中日ドラゴンズ 第1回戦)

2022/05/24 22:10
【中日 vs 埼玉西武 第1回戦】
(2022年05月24日/バンテリンドーム)

埼玉西武  3 1 0  2 0 0  2 0 0  8
中日    0 1 2  0 0 0  0 2 0  5

[勝] 本田  1勝0敗0S
[S] 増田  0勝0敗11S
[敗] 小笠原 2勝3敗0S

[本塁打]
  3回裏 鵜飼   4号 ソロ  (佐藤)
  7回表 呉念庭  2号 2ラン (田島)
交流戦が始まりました。ラジオで中継を聴くのは本当に久しぶりです。

オグレディと呉が合流し、その二人がいきなり活躍しました。初回、呉の2点タイムリーと愛斗のタイムリーで3点を先制。2回にはオグレディの犠牲フライで追加点を挙げると、4回にはオグレディのタイムリーでツーベースでさらに2点を追加。7回には呉のホームランで駄目を押しました。

ライオンズ先発の佐藤は3回までに3点を失い、4回の打席で代打を送られて降板となりました。いきなり4点も援護をもらってびっくりしたのでしょうか……。結局、3番手として2イニングをパーフェクトに抑えた本田が2年ぶりの勝利となりました。

2022/05/23(月)何かが足りない

2022/05/23 21:47
最近は土日に遊び回っていることが多いので、月曜日が(肉体的な意味で)辛いですね……。もう若くないw

松坂大輔氏、通算200勝の記念ボールを東尾一族に返還 東尾理子の息子に「引き継ぐ」 - MLB : 日刊スポーツ

おじいちゃんが指導できるのも高校に上がるまでだからな……と思ってよくよく調べてみたら、東尾は2017年に殿堂入りの特例措置もあって学生指導資格を回復していました。ビビらずにインコースを投げる精神力を身につけるとともに、おじいちゃんの反省を活かして大麻をやっていて精神のコントロールができない人間には当てないような繊細なコントールを身につけて欲しいと思います。

それはそうと、お父さんの名前が出てきてないのですが、元気にしているんですかね……。

2022/05/22(日)連敗を止めて交流戦へ(vs 北海道日本ハム 第11回戦)

2022/05/22 19:21
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第11回戦】
(2022年05月22日/札幌ドーム)

埼玉西武     2 0 0  0 0 0  0 1 0  3
北海道日本ハム  0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] エンス 3勝2敗0S
[S] 増田  0勝0敗10S
[敗] 金子  1勝2敗0S
ライオンズ先発のエンスは今シーズンで一番いいピッチングだったと思います。7回まで投げて3安打無四球無失点。三振3つではありますが、打たせて取るというよりは力で押し込んでいた印象で、これが本来のピッチングなのかもしれませんね。しばらくは古賀と組ませてみてもいいかもしれません。

打線も初回からエンスを援護し、外崎のタイムリーと栗山のあわや一二塁間を抜けようかというセカンドゴロの間に2点を先制。8回には栗山のタイムリーツーベースで駄目を押しました。2番に入った滝沢は5打数3安打でプロ初の猛打賞ということで、わくわくが止まりません。

さて、火曜日からは交流戦が始まります。セ・リーグ主催のゲームはドラゴンズ、タイガース、スワローズで、タイガース戦はおそらく例年どおりパ・リーグTVで見られると思いますし、6月4日のスワローズ戦は神宮に行く予定なのですが、残りの試合はニュースでハイライトを見るだけですかね……。

2022/05/21(土)4位転落(vs 北海道日本ハム 第10回戦)

2022/05/21 20:46
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第10回戦】
(2022年05月21日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
北海道日本ハム  1 2 0  0 0 0  1 0 X  4

[勝] 上沢 3勝4敗0S
[敗] 内海 0勝1敗0S

[本塁打]
  2回裏 宇佐見  3号 2ラン (内海)
今日の上沢は素晴らしいピッチングでしたが、だからといって毎度毎度いいピッチャーに工夫もなく立ち向かって軽くひねられ続けるのはどうにかならないのでしょうか。打つほうに関しては滝沢の打席くらいしか楽しみがありませんでした。

ライオンズ先発の内海は初回に野村のタイムリーで先制を許し、2回には宇佐見のホームランで3点差に。結局、4回2/3を3失点という内容で、試合を作るというところまでは行きませんでしたが、完全にぶち壊すところまでは行かなかったという感じで、谷間のピッチャーならこんなものじゃね? という印象でした。

まぁ、今のライオンズ打線はその3点で試合が決まってしまう状況なのですが……。

ライオンズはこれで5連敗。借金は3に膨らみ、4位に転落しました。

2022/05/20(金)粘りきれず(vs 北海道日本ハム 第9回戦)

2022/05/20 21:40
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第9回戦】
(2022年05月20日/札幌ドーム)

埼玉西武     2 0 0  0 0 0  0 1 0  3
北海道日本ハム  0 1 0  0 0 0  4 0 X  5

[勝] 伊藤 5勝3敗0S
[S] 北山 3勝1敗5S
[敗] 高橋 4勝3敗0S
ライオンズは初回、先頭の山野辺がツーベースで出塁すると、金子の三塁線への絶妙なバントが内野安打となってノーアウト一三塁のチャンスを作ります……が、このときの走塁で金子が足を痛めて途中交代となりました。大事に至らないといいのですが、自力で歩けていませんでしたし、軽傷というのはちょっと考えづらそうな印象です。ファイターズは早くエスコンフィールドに移転してくれ……。

いきなり負傷者を出してしまいましたが、続く愛斗の内野ゴロの間に先制点を挙げると、山川にもタイムリーが出て追加点を挙げます。しかし、2回以降は伊藤に完全に立ち直られてしまい、7回までゼロを積み上げられてしまいました。

ライオンズ先発の高橋は初回こそ三者凡退の立ち上がりでしたが、調子自体は余り良くなかったと思います。スライダーが外れてカウントを苦しくし、フォークが落ちずに痛打される場面が目立ちました。逆転打となった7回の宇佐美への初球は思わず声が出るくらい甘い球でしたね……。

逆転を許した直後の8回には山野辺、岸の連続ツーベースで1点を返しますが、なおも続くノーアウト二塁のチャンスを活かせず、反撃もそこまで。4連敗で借金2となりました。