2024/06/21(金)リーグ戦再開(vs オリックス 第10回戦)

2024/06/21 21:49
【オリックス vs 埼玉西武 第10回戦】
(2024年06月21日/京セラドーム大阪)

埼玉西武   0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
オリックス  1 0 0  0 0 0  0 1 x  2

[勝] エスピノーザ 6勝3敗0S
[S] マチャド   2勝2敗8S
[敗] 今井     3勝4敗0S

[本塁打]
  8回裏 森  2号 ソロ (今井)
ついに勝率が3割を切りました。ぎょうざの満洲コラボはフラグだったのかもしれません。

先発今井は2失点完投と奮闘しましたが、もはやライオンズ打線は1失点ですら致命傷です。(今井を責める意味ではなく)完封できないほうが悪い、という状況なので、先制点を許した時点でこうなることは分かっていました。

いやー、それにしても点が取れませんねぇ……と思ったら、32イニング連続無得点で3試合連続の完封負けだそうです。辛い。

2024/06/20(木)ずっと休みならいいのに

2024/06/20 18:37
明日からまた野球が始まってしまいます。短い休みだった……。

西武 打撃不振脱却へ「チーム打撃」練習を敢行 シーズン中では異例 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

西武 全体練習で渡辺監督代行が一喝「達也!」投内連係で送球ミス今井をベンチ前に呼び出し(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

チーム打撃についてはなんとも言えませんが、辻さんのころは守備練習はすっげーやっていた印象なので、松井さんになってからの傾向なんでしょうね。キャンプを短くするということは、一年戦える体を作る部分を自分でやってこいということだったのだと思うのですが、チーム練習の部分を短くしていたとは……。

監督を代えたところでどうにかなるものではないとは思っていましたし、事実まったく結果は出ていないのですが、このあたりのことも含めての監督交代だったのかもしれません。ともあれ、こういう不協和音的なことが聞こえてきてしまうこと自体がチーム状態の悪さを物語っているので、少しでも未来につながるシーズンを送ってほしいと思います。

2024/06/19(水)嬉しいことと悲しいこと

2024/06/19 18:12
CfPを提出していたDroidKaigi 2024にセッションが採択されました(通知は少し前にいただいていたのですが)。9月に向けて大きな目標ができたので頑張ります。聞いてくれる方に何か持って帰ってもらえるようなお話しができればと思います。

……今回は真面目な話をしますよ?

一方、同じく9月に行われるPyCon JPは、初日が社内行事とかぶってしまいました。このどこにもぶつけられない怒りをどうすればいいのでしょう。とはいえ、行事の前後は何とか行けないか模索しますし、2日目はフルで行く予定ではありますが。

2024/06/18(火)いまさら

2024/06/18 20:42
先日ウィザードリィを買おうかと思ったのですが、そもそも去年買った世界樹の迷宮が1の途中だということに気がついてしまいました。それから続きを初めて、ようやく地下30階まで到達したのですが、クエストのドラゴンどもを倒さないといけないのを完全に失念していて、あわてて上の階層を駆け巡っているところです。

それにしても厳しいです。今回は25階までは難易度EXPERT、そのあとはBASICに落として続けているのですが、そろそろPICNICに下げようかと思ってしまうくらい厳しいです。DS版をやりきった当時の俺は根性があったんだなぁw

とりあえず同級生2リメイクまでに1だけは終わらせておこうと思います。

2024/06/17(月)ベルーナドームに行ってきました(vs 横浜DeNA 第3回戦)

2024/06/17 19:41
2024-06-17_01.jpg

【埼玉西武 vs 横浜DeNA 第3回戦】
(2024年06月16日/ベルーナドーム)

横浜DeNA  1 0 0  0 0 2  0 0 2  5
埼玉西武    0 0 0  0 0 0  0 0 0  0

[勝] 石田裕 2勝0敗0S
[敗] 渡辺  0勝2敗0S

[本塁打]
  6回表 オースティン  7号 ソロ (渡辺)
昨日はベルーナドームに行ってきました。もはや負けたからといって悔しいと思うこともなく、かといって不甲斐なさに怒りの感情がわいてくるわけでもなく、何とも言えない不思議な気持ちで試合を見ていました。

盛り上がったのは8回裏、2アウトランナーなしから、代打西川、代打栗山の連打で一三塁のチャンスを作り、今日2安打の奥村が痛烈なサードライナーを打ったシーンくらいで、あとは淡々とプレイして淡々と負けたというゲームでした。

こんなチーム状況であるにも関わらず、レフトスタンドを中心に(盛り上がる場面は少なかったにしろ)熱い応援が続けられており、一昔前からは想像できないような光景でした。もうちょっとガラガラのスタンドを想像していたので。このライオンズファンの姿を見て、選手たちも何かを感じてくれればいいのですが……まぁ、純粋に実力の問題であって、気持ちの問題ではないので、意気に感じてくれたところで何も改善しないのかもしれませんが。

試合後は所沢で反省会。反省すべきはライオンズのフロントであって、我々が反省すべきことは何もないのですが、過去に反省すべきことをやらかした選手たちが多数掲載されている本を肴に、非常に盛り上がった飲み会でした。

私はあまり真面目なプロ野球ファンではないので、不祥事や駄目外人の話題が大好きなのですが、一般的な真面目なファンの方とそういう話をすると眉をしかめられてしまうので、こういう話ができる機会はとても貴重なものです。ありがとうございました。

お金と時間をかけて微妙な気分になるのはさすがに楽しくないので、今シーズンの現地観戦は8月のラブライブ!コラボデーが最後になると思います。