2022/08/09(火)エースとは(vs 北海道日本ハム 第17回戦)

2022/08/09 22:11
【北海道日本ハム vs 埼玉西武 第17回戦】
(2022年08月09日/札幌ドーム)

埼玉西武     0 0 0  0 2 0  0 0 1   3
北海道日本ハム  0 1 0  0 0 0  0 1 3X  5

[勝] ロドリゲス 1勝1敗0S
[敗] 増田    2勝2敗22S

[本塁打]
  5回表 中村  7号 2ラン (伊藤)
  9回裏 近藤  4号 3ラン (増田)
高橋の8回2失点(自責点1)というのはいいピッチングではあるんですよ。でも、高橋に求めるものから考えると、まだ物足りないと言わざるを得ません。このブログでは15年以上繰り返しているのですが、エースは勝つのが仕事なので、簡単に相手に先に点をやってはいけないのです。

9回の増田は「増田で打たれたなら仕方がない」なのですが、ピッチング内容としては論外だったので、コロナのあと調整が遅れているのであれば起用法は考えるべきかと思います。

2022/08/08(月)2023年シーズン

2022/08/08 21:55
来年以降は札幌ドームに選手を壊されることがないかと思うと感無量です。

【日本ハム】新球場での前倒し開幕に球団社長が感謝「プロ野球に新たな魅力を添えられるよう」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

来年の組み合わせは本来であれば2019年の結果を基準にするはずなので、Aクラスだったのに地元で開幕できない、割を食う形になるのはホークスになるんですかね。それとも組み合わせ自体をランダムにしてしまうのでしょうか。

現在のパ・リーグは4年前の順位で開幕権が決まりますが、再来年以降は5年前の順位で決めることになるのかもしれませんね。さすがに離れすぎている感があるので、そろそろ数年分をまとめた勝率で開幕権を決めて、以降は前年の順位で決めればいいのになーとは思っていますが。

(2022-08-09更新)

そもそも今年の開幕の時点でファイターズとイーグルスの間で開幕権の交換が行われていた みたいです。失礼しました。

2022/08/07(日)打線爆発(vs 千葉ロッテ 第19回戦)

2022/08/07 21:59
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第19回戦】
(2022年08月07日/ベルーナドーム)

千葉ロッテ  2 0 0  0 0 0  1 1 0  4
埼玉西武   0 1 0  6 0 1  2 0 X  10

[勝] エンス 7勝6敗0S
[敗] 森   0勝1敗0S

[本塁打]
  1回表 マーティン  8号 2ラン (エンス)
  4回裏 山川    33号 3ラン (森)
ライオンズ先発のエンスは、初回先頭の荻野をヒットで出塁させると、マーティンに一発を浴びて2点を先制されます。続く中村奨にもツーベースを許したときにはどうなることかと思いましたが、その後はどうにか立ち直りました。立ち上がりに苦しんだこともあって5回97球という今井のような球数になってしまいましたが、初回の2失点だけとゲームを作ってくれました。

打線はプロ初先発となる森の前に初回を三者凡退で終え、また初物にやられるのかと思いましたが、今日は逆にプロの洗礼を浴びせることができました。

2回には川越の浅いセンターフライで三塁ランナー山川が生還して1点差。内野に微妙な返球していたあたり、おそらく山川がスタートを切るとは思っていなかったのだと思いますが、それでも山川はよく走りました。

4回には長谷川のタイムリーツーベースで同点に追いつくと、外崎のタイムリーで勝ち越し。さらに森のタイムリーと山川のホームランでこの回一挙に6点を上げ、この回までで森を引きずり下ろしました。

2番手以降相手にも攻撃の手を緩めず、15安打10得点と久しぶりの二桁得点。ライオンズのリリーフ陣もピリッとしませんでしたが、このカードを勝ち越し、今週のホーム6連戦を5勝1敗で駆け抜けました。

2022/08/06(土)連勝ストップ(vs 千葉ロッテ 第18回戦)

2022/08/06 20:32
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第18回戦】
(2022年08月06日/ベルーナドーム)

千葉ロッテ  0 0 0  0 0 0  0 2 0  2
埼玉西武   0 1 0  0 0 0  0 0 0  1

[勝] 小島 2勝7敗0S
[S] 益田 0勝1敗25S
[敗] 水上 4勝2敗1S

[本塁打]
  2回裏 山川   32号 ソロ  (小島)
  8回表 レアード 15号 2ラン (水上)
ライオンズ先発の與座は7回を投げて2安打無失点。何も言うことはない完璧なピッチングでした。しかし、あとを受けて登板した水上が、代打レアードに寿司を握られ逆転を許すと、8回、9回と得点圏にランナーを置きながらあと一本が出ず、連勝は4でストップしました。

結果については水上が打たれたのであれば仕方がないのですが、被弾した球は一塁が空いている3-0から投げるボールではなかったので、そこだけはバッテリーにしっかり反省してほしいと思います。

2022/08/05(金)連夜のサヨナラ弾で貯金10(vs 千葉ロッテ 第17回戦)

2022/08/05 22:36
【埼玉西武 vs 千葉ロッテ 第17回戦】
(2022年08月05日/ベルーナドーム)

千葉ロッテ  3 0 0  0 0 0  0 0 0  0   3
埼玉西武   0 0 0  1 1 0  0 1 0  1x  4

[勝] 増田   2勝1敗22S
[敗] 佐々木千 2勝3敗0S

[本塁打]
   1回表 佐藤都  6号 3ラン (今井)
   4回裏 山川  31号 ソロ  (石川)
  10回裏 川越   2号 ソロ  (佐々木千)
ライオンズ先発の今井は、初回いきなり荻野、マーティンに連続フォアボールと礼儀正しいところを見せ、中村奨、井上を打ち取って2アウトまでこぎつけたものの、佐藤都にライトスタンドに運ばれ先制を許します。その後は得点こそ許さなかったものの、毎回のようにピンチを背負うピッチングで、5回110球で降板となりました。いつも以上に制球に苦しんでいた感があるので、マリーンズベンチが何度もバントでアウトをくれてなければ、もう1、2点は取られていたと思います。

昨日のサヨナラ勝ちの勢いがしぼんでしまうような今井のピッチングでしたが、2番手のスミスが試合を立て直してくれました。6回はいきなり連打を浴びてピンチを招き、リリーフは向いてないのかなーとも思ったのですが、そのピンチをしのぐと7回、8回は三者凡退。ロングもある場面では今後も貴重なリリーフとして働いてくれそうです。

打線は4回に山川のホームラン、5回に外崎のタイムリーで1点ずつ返し、8回にはフォアボールで出塁した外崎が盗塁と内野ゴロで三塁に進み、森の打席でのワイルドピッチで生還。試合を振り出しに戻しました。

9回は平良が三者凡退に抑えると、延長10回は戻ってきた増田がこちらも危なげなく三者凡退。その裏、先頭の川越が1-0からの2球目をとらえ、ライトスタンド最前列に飛び込むサヨナラホームランとなりました。昨日の中村に続く2試合連続のサヨナラホームランで、貯金を今季最多の10としました。

このところの川越はボールがよく見えているのは間違いないにしろ、逆に甘いファーストストライクを見逃す場面が目立っていたのですが、今日は一発で仕留めてくれました。もちろんフォアボールにも価値はあるのですが、追い込まれるまではこういう積極的なバッティングもしてほしいものです。